ここから本文です

ユニットや企画チームがなぜか集結も食い合いせず!? 大橋彩香は露出多数も「ボロボロ」?「アニサマ」雑感(後編)

おたぽる 9/4(日) 21:00配信

“アニサマ”はその名の通りアニメソングが楽しめるライブイベントだが、今年の8月26日から3日間開催された「Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-」では、映像の貸し出しに積極的な作品が多く、詰め掛けた観客に強い印象を残したようだ。

 26日と27日に参加したという30代男性はこうレポートする。

「26日の『i☆Ris』は6人全員が『プリパラ』の主要キャストだけあって、アニサマ用のめが姉ぇ(声・伊藤かな恵)とめが兄ぃ(声・諏訪部順一)の特別録り下ろし映像が流れてましたよ。27日の『A応P』ステージには『おそ松さん』がこのイベント用に六つ子の声を用意していたり、『A応P』の歌唱中にもバックにノンテロップバージョンのアニメが流れてました。ほかにも『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』、『だがしかし』、『オーバーロード』などで放送時のアニメOP映像が流れてて、作品を見ていたファンは楽しいだろうなと感じました」

 さらに、企画や女性ユニットが固まっていた27日の前半部分。A応P(荻野沙織、桜奈里彩、巴奎依、広瀬ゆうき、福緒唯、水希蒼)、『BanG_Dream!(バンドリ)』からPoppin' Party(愛美、伊藤彩沙、西本りみ、大塚紗英、大橋彩香)、北宇治カルテット(黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳)、『SHOW BY ROCK!!』からプラズマジカ(稲川英里、上坂すみれ、沼倉愛美、佐倉綾音)、イヤホンズ(高野麻里佳、高橋李依、長久友紀)が登場し、男性ファンを喜ばせる一幕も。

「A応Pは『おそ松さん』が応援する映像演出。『Poppin' Party』は声優の5人の笑顔があふれる生演奏。北宇治カルテットが劇中の制服の姿で現れたかと思えば、プラズマジカは4人が役と同じ衣装と学期を持って登場。イヤホンズは楽曲が使われたアニメ『それが声優!』と同じく『あなたのお耳にプラグイン!』をMCを織り交ぜて、石田燿子さんとコラボにつなげたりしてました。結果、食い合いになるかと思ったら、それぞれの特徴が見えるものになっていたと思います」(前出の30代男性)

 そんな中、1人、多くの露出で特に強い存在感を放ったのが大橋彩香だったという。

「26日のトリでは『アイドルマスターシンデレラガールズ』の島村卯月としてセンターで歌唱し、まとめのコメントをしてました。27日もPoppin' Partyのメンバーとしての出演後に、ソロでの出演な上にトロッコで場内を巡る演出もあり、今回のアニサマでは何かと彼女を見る機会が多い気がしました。26日のラストも大橋さんの呼びかけで初日を締めることになってたんですが、かなり緊張していたんでしょうね。うまく言葉が出てこないところがあって『ボロボロですいません』と、恐縮しきりという様子が可愛らしかったです」(別の20代男性)

 さまざまな趣向と演出を見せたアニサマだが、最終日にあった次回開催予告のアナウンスは2017年開催告知のみで、例年のような日程と開催場所に触れられることはなかったという。この状況にネット上では、規模縮小ではないかという声など、さまざまな憶測が飛び交っているが、今後アナウンスがされるのか見守りたい。

最終更新:9/4(日) 21:00

おたぽる