ここから本文です

冷えとり靴下より、ハイソックス!大人の綺麗を育てる5つの習慣

集英社ハピプラニュース 9/4(日) 22:39配信

今日は、最近とてもためになった本を紹介します。

「大人の女におやつはいらない」

大人の綺麗を育てる5つの習慣関連画像をcheck!

かっこいいタイトルですよね。

「もっと綺麗になりたい」は、女子にとって永遠の野望。
だからスムージーを飲んだり、半身浴したりと、毎日毎晩、美容ごとでスケジュールを埋めたりするけれど。

なかなか変われなかったりする。
あるいは、その時は綺麗になれるけれど、すぐに戻ったりする。

本書は、そんな悩みを持つ女性に、効く本です。

著者の若林さんは、何年も予約がとれないという人気鍼灸師。
「はりめし」など、東洋医学の考えに基づいた養生生活術の書籍も出版されています。

新刊は、その集大成ともいえる一冊だなと。

「食べ物と行動が あなたの人生を作っている」と語る若林さんが、
では、どのように生活すれば、上質な大人の綺麗と健康が手に入るのかを教えてくれます。

基本は、以下の5つ。

1. 夜12時前には眠る。

2. 三食、野菜、タンパク質、炭水化物のバランスを考えて食べる。

3. 1日20分以上、歩く。

4. 毎晩バスタブにつかる。

5. おやつは食べない。
食べるなら月に一度とっておきのものを。

ほんとうに普通のことばかりですよね。
でも、本書を読むと、ものすごく納得します。

たとえば、なぜ、おやつを食べてはいけないかというと…

「おやつとは、まだ胃が小さいのに活動量が多い子供のエネルギーを補うのが目的。
大人の女性が息抜きのために毎日おやつを食べることは、肥満に直結していきます」

「おやつを食べた分、食事を減らして太らないように調整すると、本来、食事から得られるはずの栄養素が削られていきます。
せっかくあなたが美しくなるチャンスでもある食事が減ってしまうというわけです。」

そして、おやつを食べるなら、上質なものを少量いただくことをすすめます。

「コンビニで買えるような安いお菓子と安酒はそっくりです。大人が甘ったるいお菓子で口をモグモグさせながら仕事している姿って、ほめられた光景ではありません。」


すごい説得力ですよね。

この5つの基本をもとに、「冷えとりの靴下は重ねばきではなく、ハイソックスをはく」などなど、面白くて説得力のある生活術や考え方がかかれてます。

体は、特別な施術で変わらない、小さな習慣の結果なのだと改めて。

若林さんの語り口が、ちょっぴり辛口であるところもまた痛快です。

ぜひ、読んでみてくださいね。

ちなみに、毎日、キスチョコを5粒(100kcal)食べると、一年間で、体重が4.5kg増えるそうです(^◇^;)

最終更新:9/4(日) 22:39

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。