ここから本文です

UAE戦の「馬鹿正直」を反省する酒井高 「サイド攻撃を中心にしたほうがいい」と提案

Football ZONE web 9/4(日) 10:10配信

UAE戦にフル出場も、最後まで相手の守備を崩し切れず

 日本代表DF酒井高徳(ハンブルガーSV)は、9月1日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選初戦のUAE戦(1-2)での「馬鹿正直」なプレーを反省。6日のタイ戦(バンコク)で、黒星スタートからの挽回を誓った。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 酒井高は左サイドバックとしてUAE戦に先発フル出場。何度もオーバーラップを仕掛けたが、UAEの守備を崩し切れなかった。「サイドをもうちょっと深くえぐって、相手の視界を一回切ったところから、クロスでマイナスなのか。クロスを上げる時の工夫っていうのは、もう少しサイドバックとしてはした方が良かったのかなと思う」と改善点を挙げた。

 右サイドの酒井宏樹(マルセイユ)とともに積極的に攻撃に絡む姿勢を見せたが、ゴール前への単調なクロスに終始。「自分のところ、宏樹のところで仕掛けて縦というよりも、相手を完全に抜き切るという感じや、勝負を仕掛けるところはもう少し勇気を持ってやっても良かった。僕のところは、馬鹿正直にクロスを上げたのが反省点」と振り返る。長友佑都(インテル)、内田篤人(シャルケ)ら主力離脱の不安を拭い去ることはできなかった。

 後半、FW浅野拓磨(シュツットガルト)のシュートがラインを超えながらノーゴールとなる疑惑の判定もあったが、酒井高は主審の判定基準について「なるべく早く見極めるようにしようとしています」と、冷静な対応を呼びかけている。

「こればっかりは基準が分からないというか、結局ファウルを取りやすい審判なのは確かにそうなんだけど、かと言って緩めるわけには行かない」と語り、「もう少しクレバーにやるとしたら、ファウルしていいところでガッツリ行く。そうでないところは行かない。そういったメリハリを付けることで、相手にも恐怖心を与えられる」と気を引き締め直した。

「サイドチェンジから仕留める方法が有効」

 タイ戦でも相手が人数をかけて守る展開が予想される。酒井高は「サイド攻撃を中心としたほうがいいのかなと思う。サイドチェンジから仕留める方法が有効」と、サイドの攻略をキーポイントに挙げた。

「何タッチか回した後に素早くサイドチェンジした時は、向こう(の守備組織)もずれ切れないと思うので、いかにコンビネーションで崩せるかというのがポイントになる。サイドハーフとサイドバックの連係を高められれば、チャンスを作れると思う。ボールサイドは人数かけてくると思うので、その辺りは上手くサイドの所で仕掛けるタイミングをしっかりチームで見計らって、仕留めるっていうところがポイントになる」

 ホームでまさかの初戦敗退を喫した日本は、アウェーの地で第2戦を迎える。立ち込める不穏な空気を払拭し、勝ち点3を手にすることはできるか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/4(日) 10:10

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。