ここから本文です

天才・イニエスタが明かした人生最悪の時とは?

フットボールチャンネル 9/4(日) 8:40配信

 バルセロナのMFアンドレス・イニエスタは人生で最悪の時期を自伝で明かしている。3日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 イニエスタは、9月5日に『La jugada de mi vida(私の人生の局面)』という自伝を発表する。そして、その中で、ラ・マシア(下部組織)時代が彼の”人生最悪の時”であったことを明かしている。

 同書には、「バカげているように思えるだろうが、僕の人生で最悪だったのはラ・マシアでの日々だった。これは本当のことだ。当時もそう感じていたし、今もそう感じている」と書かれている。

 さらに「僕はそこにいることを望んでいたし、自分の将来のためにベストなのは分かっていた。でも、すごく苦しく、苦悩した。家族から離れなければならず、毎日会うこともできず、近くにいることを感じられないなんて、すごくつらかった…」とラ・マシア時代に感じていた想いについて書かれている。

 12歳で親元を離れた天才イニエスタの苦悩や、親友ダニ・ハルケ(元エスパニョール)の死について、そして、今も語り草となっている、2008/09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝、チェルシー戦2ndレグのアディショナルタイムのゴールについてももちろん書かれているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/4(日) 9:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ