ここから本文です

佐藤悦子さんのオススメ手土産「スペイン菓子工房ドゥルセミーナの焼き菓子ギフトボックス」

集英社ハピプラニュース 9/4(日) 23:27配信

「スペイン菓子工房ドゥルセミーナ」の焼き菓子

そろそろ秋も意識したいこの時期の手土産には、ぜひ「スペイン菓子工房ドゥルセミーナ」の焼き菓子を。愛らしいパッケージに包まれた「ポルボロン」や「サンティアゴのタルト」など、スペインで修行された藤本恭子さんの作るお菓子は、ほろほろと崩れる優しい食感や、香ばしいアーモンドの香りが溢れます。新しい季節に思いを馳せながら楽しめるギフトボックスです。

佐藤悦子さんのオススメ手土産関連画像をcheck

【佐藤悦子さん】
さとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。

最終更新:9/4(日) 23:41

集英社ハピプラニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。