ここから本文です

イブラ“兼任コーチ”がマンUで誕生!? 指導法を学ぶべく来年からモウリーニョ監督に弟子入りか

Football ZONE web 9/4(日) 18:39配信

現役引退後も見据えるカリスマFW

 今季マンチェスター・ユナイテッドに加入し、ここまでの公式戦で4得点を奪って大活躍を見せているFWズラタン・イブラヒモビッチだが、ジョゼ・モウリーニョ監督は来年の年明けから“指導者としての心得”を直伝する予定だと、英紙「ザ・サン」が報じている。

英メディアも感嘆! 世界トップレベルで活躍する「35歳以上ベストイレブン」

 イブラヒモビッチはコミュニティーシールドで決勝点を挙げると、プレミアリーグ開幕2戦で3得点を決め、圧倒的な決定力がいまだ衰えていないことを示している。この活躍ぶりに、モウリーニョ監督も「ズラタンには休み中のメニューを与えている。彼は全試合フル出場している。4試合で360分だ。4日間のオフを与える」と話し、Aマッチウィーク中に他選手よりも多い休養期間を与えるVIP待遇。その厚い信頼ぶりはピッチ外でも変わらない。

 そんなカリスマFWと“スペシャル・ワン”の厚き信頼関係のなかで、新たなプランが浮上した。それはモウリーニョ監督が築き上げた、コーチとしてのスキルの継承だ。イブラヒモビッチとユナイテッド間の契約期間は1年間と言われている。同紙によると、イブラヒモビッチはすでにセカンドキャリアについても意識しており、現役を終えた以降のプランについて指揮官と話し合ったという。

 そこで話した本人の希望とは、来夏に契約期間を終える前の2017年初頭から、モウリーニョ監督の“コーチング学”を受講すること。ユナイテッドのクラブ関係者にも以下のように話しているという。

「彼はあと2、3年で引退すると言っている」

「ズラタンはすでにモウリーニョに打診して、引退後の将来についてプランを立てている。彼は選手たちにもあと2、3年でプレーに終止符を打つと言っている。ジョゼがドアを開けており、イブラは指導法のアイデアを聞くのは好きだ。必ずしも、すぐ監督になるというわけではないけどね」

 イブラは現在もトレーニング中にFWアンソニー・マルシアル、FWマーカス・ラッシュフォード、FWジェシー・リンガードら若手有望株に自らシュートテクニックを惜しげもなく伝えているだけに、コーチ学に強く興味を持っているようだ。そこにモウリーニョ監督から帝王学を伝授されれば、赤い悪魔にとっては心強い“兼任コーチ”誕生が実現するかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/4(日) 18:39

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。