ここから本文です

メッシ、生涯バルサでプレーか。SDが契約延長に自信「全面的に確信している」

フットボールチャンネル 9/4(日) 11:40配信

 リオネル・メッシは、2018年までとなっているバルセロナとの契約を今シーズン中には延長することになるようだ。3日、英紙『デイリー・ミラー』を含む複数のメディアが伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 13歳でカンテラ(下部組織)に入団して以来バルセロナ一筋でプレーし、クラブを象徴する存在となったメッシ。だが、もし可能なら彼を獲得したいと望んでいるクラブも多いはずだ。プレミアリーグのビッグクラブやパリ・サンジェルマンなど、裕福なクラブが巨額の移籍金での引き抜きを画策しているなどと噂されることも多い。

 現在の契約が満了し、メッシが31歳となる2018年には、バルサのカンテラ入団前に所属していたアルゼンチンの古巣ニューウェルス・オールドボーイズが獲得を試みるという報道もあった。契約の残り期間が短くなれば、こういった噂はさらに増えてくるかもしれない。

 だがバルサは、メッシとの契約を延長しないまま契約最終年を迎えるつもりはないようだ。ロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は次のように述べている。

「世界ナンバーワンの選手である彼が我々のチームにいてくれることを嬉しく思っている。合意に達することはできるだろう。私は全面的に確信しているよ。急ぐような話ではない。今シーズン中に合意できるだろう」

 リーガエスパニョーラ開幕戦で2ゴールを記録するなど、今季もバルサのエースとして活躍を続けるメッシ。ファンが待ちわびる契約延長の時は、そう遠くないのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/4(日) 11:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。