ここから本文です

敏腕代理人、バロテッリを冷遇したクロップ監督を強烈に批判「くそ野郎だった」

フットボールチャンネル 9/4(日) 12:00配信

 今夏にニースへ移籍した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの代理人ミーノ・ライオラ氏が、リバプール指揮官のユルゲン・クロップ監督を強烈に批判した。3日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド 欧州を彩る美しきサポーターたち

 クロップ監督は、昨季に期限付き移籍したミランからリバプールへ戻って来たばかりのバロテッリにチャンスさえも与えることもなく戦力外であることを通告。すぐに新天地を探すように求めると、リバプールのリザーブチームへの移動を命じた。

 そして、先日フリートランスファーの形でニースへ移籍することが決まったが、その間にリバプールが交渉を妨害して来なかったかと尋ねられたライオラ氏は、「最後にリバプールの幹部は、クロップ監督の態度が適切なものではなかったことを認めたよ」と返答。

 そして、「私は彼を監督としては評価しないよ。たとえ私からすれば優秀な監督ではないとしてもね。だけど私には、彼がバロテッリを1人の人間としてみなしていなかったかのように思えるんだ」と厳しく批判している。

「マリオは模範そのものだった。1人でトレーニングをしていたけれど、一度も不満を漏らさなかった。クロップ監督の態度が適切なものではなかったという表現だけど、控え目に言えばそうだよ。彼はくそ野郎だった…」

 クロップ監督ではなく前任のブレンダン・ロジャーズ監督だったとはいえ、リバプールで出場した16試合のリーグ戦で決めた得点は1得点のみと多くの者たちの期待を裏切ったバロテッリ。果たしてニースで、クロップ監督を後悔させるようなパフォーマンスを証明することができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/4(日) 12:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。