ここから本文です

移籍金ゼロで今も獲得可能な「無所属ベスト11」 総年齢“350歳超え”のなかに掘り出し物も…

Football ZONE web 9/4(日) 21:00配信

行き場なき実力者たちを英メディアが特集

 欧州主要国の移籍市場は8月31日をもってクローズした。しかし、これはクラブ間での移籍についてで、無所属の選手については契約可能な状況となっている。これを受けて英衛星放送局「スカイ・スポーツ」は、“無所属のビッグネーム11人”を発表している。

【全選手写真付き】世界の女子サッカー美女ベストイレブン!なでしこジャパンもランクイン

 フォーメーションは3-4-3。最後方に構えるのはGKマーク・シュウォーツァーだ。長年オーストラリア代表の守護神を務め、日本を苦しめてきた男は、昨季“ミラクル・レスター”の第2GKを務めたものの退団。43歳という年齢ながらいまだ現役引退を口にはしておらず、精神的支柱として獲得するクラブが現れるかもしれない。

 最終ラインには、かつてビッグクラブでプレーしたDFマルティン・カセレス、フィリップ・メクセス、DFアレックスが並ぶ。カセレスはバルセロナやセビージャなどに所属した経験を持ち、昨季まではユベントスに所属した。年齢も29歳ということもあって、まだ老け込む年齢ではない。メクセス、アレックスはともに昨季限りでACミランと契約満了になったが、経験値は非常に高い。

 中盤はセンターにMFラウール・メイレレス、MFマテュー・フラミニ、サイドはMFデイヴィッド・ホイレット、MFステファン・セセニョンとなっている。派手なタトゥーと奇抜なヘアスタイルで知られるメイレレスはリバプールやチェルシーでもプレーしたが、フェネルバフチェ移籍後はピッチ内での問題行動が多く出場時間が減少している。

 メイレレスと同じく32歳のフラミニは、アーセナル時代にMFセスク・ファブレガス(現チェルシー)の相棒としてアーセン・ベンゲル監督に重用されたが、出場機会を失い昨季限りでガナーズを去った。かつての中盤のダイナモは、新天地で走るチャンスを与えられるのだろうか。

フィジカルに優れた魅力的な3トップ

 3トップはニクラス・ベントナー、エマニュエル・アデバヨール、ビクター・アニチェベとフィジカルに優れた3人が名を連ねる。このうちベントナーとアデバヨールはアーセナルに在籍するなど、20代前半の頃は将来を嘱望されたストライカーだった。アデバヨールにはフルハムが関心を持っているとされる。またSNSでの“トリッキー”な投稿が目立つベントナーも、ヴォルフスブルクをお払い箱になったとはいえ、まだ28歳。もうひと花咲かせることはできるはず。同じく28歳で190センチの長身を誇るアニチェベも、パワー型ストライカーを求めるクラブにチャンスを与えられるかもしれない。

 同局が「11人の総年齢は350歳を超える」と指摘する通り、ベテランが多く並ぶ陣容となっているが、その実力は確か。補強ポイントを満たせなかったクラブからのオファーを、辛抱強く待っている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/4(日) 21:00

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革