ここから本文です

レアル・Cロナ、ついにEURO決勝の負傷から完全復活! 注目の復帰戦は?

フットボールチャンネル 9/4(日) 14:30配信

 EURO2016決勝での負傷により離脱していたレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、いよいよ復帰に近づいているようだ。2日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

【写真】グリエーズマン、Cロナ、ペペ…EURO2016のベストイレブン(UEFA発表)一覧

 C・ロナウドは7月27日に行われたEURO決勝のフランス戦で負傷し、前半のうちに途中交代を強いられた。レベル1の内側側副靭帯の捻挫と診断され、回復に約1ヶ月を要する見通しとなった同選手は、リーガエスパニョーラ開幕戦に続いて8月27日の第2節セルタ・デ・ビーゴ戦も欠場している。

 2018年W杯欧州予選の戦いをスタートさせるポルトガル代表には招集されず、マドリッドに残ってトレーニングを行っているC・ロナウドだが、順調にコンディションを回復させているようだ。2日にはツイッターの自身のアカウントで、練習中の写真とともに「Soon(もうすぐ)」と短くつぶやき、復帰が近いことをうかがわせた。

 『アス』は、C・ロナウドが10日に行われるリーガ第3節オサスナ戦で復帰できるとの見通しを示しつつ、ジネディーヌ・ジダン監督が先発に起用するのかベンチに置くのかは定かではないと述べている。今季初出場が見込まれるマドリーのエースは、開幕2連勝中のチームをさらに勢いづける存在となることが期待される。

フットボールチャンネル

最終更新:9/4(日) 14:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。