ここから本文です

レアル、17歳で伊代表デビューしたミランGKの獲得を巡り会長と指揮官が対立か

フットボールチャンネル 9/4(日) 20:50配信

 レアル・マドリーは、将来のGKの獲得を巡って会長と指揮官が対立しているようだ。4日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 イタリア代表で史上最年少デビューを果たしたミランに所属するGKジャンルイジ・ドンナルンマは、すでにマドリーに目を付けられたようだ。しかし、同選手の獲得を巡って会長と指揮官が対立しているという。

 ドンナルンマのクオリティーに一目惚れしたマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、正GKを任されている現在29歳のコスタリカ代表GKケイラー・ナバスの後釜として同選手をチームへ連れて来たがっていると報じられている。

 しかし、そこでチーム指揮官のジネディーヌ・ジダン監督が同会長に異を唱えているようだ。同監督にはマドリーの下部組織でゴールキーパーを務めている18歳のルカという次男がおり、ジダン監督はその息子を将来ファーストチームへ昇格させたがっているという。

 ドンナルンマとルカを巡り会長と指揮官が火花を散らしているマドリー。果たしてどのような結末を迎えることになるのか、今後の展開に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/4(日) 20:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。