ここから本文です

MLS、痛恨の計算ミス! 時期尚早にランパードのキャリア300ゴールを祝う

フットボールチャンネル 9/4(日) 22:20配信

 アメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティは、致命的な計算間違いをしてしまったようだ。4日にイタリアの『イタスポルトプレス』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 NYシティは、DCユナイテッドと対戦する前にMFフランク・ランパードへキャリア通算300得点を祝う特性ユニフォームを贈呈。しかしランパードは、その時点でまだ299得点しか決めていなかった。

 この計算ミスの原因は、1999年に行われたフットボールリーグカップの準々決勝まで遡る。この日、当時ランパードが所属していたウェスト・ハムとアストン・ヴィラが対戦し、ランパードが得点を上げた。

 しかし、ウェスト・ハムがこの試合で起用できなかった選手を出場させていたために、イングランドサッカー協会(FA)はこの試合を無効試合と決定。

 再試合が2000年1月11日に行われ、この試合でもランパードが再びゴールを決めたが統計的にはこの2度目の試合で決めた得点しか有効とはされないことになっている。

 その一方で、DCユナイテッド戦で2得点を決める活躍をしたランパードはとにかくこの試合でキャリア通算300ゴールを達成。自身のインスタグラムでその喜びを伝えながら、クラブのミスを見事に隠すことに成功している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/4(日) 22:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ