ここから本文です

「どうしてタイであんな選手が…」元代表・青山直晃が日本に警戒を呼び掛ける絶対的エースとは?

SOCCER DIGEST Web 9/4(日) 17:13配信

「メッシもティーラトンも凄いが……」

 日本代表は9月6日、バンコクのラジャマンガラスタジアムでロシアワールドカップ・アジア最終予選の第2戦・タイ戦を迎える。
 
 タイのクラブに所属しながら、この対戦を楽しみにしている、ひとりの日本人プレーヤーがいる。現在タイ・プレミアリーグで首位を走るムアントン・ユナイテッドでプレーする元日本代表DFの青山直晃だ。
 
 今季、ムアントン・Uには数多くのタイ代表の選手たちが加入。日本でも五輪最終予選でその名が知られることになったメッシ・ジェイ(チャナティプ・ソングラシン)や、ACLでも日本勢をその高精度のキックで苦しめてきたティーラトン・ブンマタンなど、クオリティの高い選手を揃え、タイ・プレミアリーグの覇権奪還に燃えている。
 
 しかし、青山はそんなタレントたちを抱える現在のムアントン・U、そしてタイ代表のなかでも、とりわけスーパーな選手がいると、サッカーダイジェストWebのインタビューで、フリーライターの佐々木裕介氏に語っている。
 
「メッシにしても、ティーラトンにしても毎日一緒に練習しているので、彼らの凄さも知っている。でもムイはスーパーです! 本当に凄い選手ですよ!」
 
 ムイとはクラブ内での呼称で、登録名はティーラシン・デーンダー。タイ代表の10番を背負う絶対的エースであり、国民的英雄とも言える存在だ。
 
 そのティーラシンの特長を、青山は次のように説明している。
 
「高さがあって、スピードもある。ドリブルもパスもすごく巧いんですよ。練習でも毎日マッチアップしますけど、ひとつふたつ上を行かれている感じがする」
 
 タイの富豪であるタクシン会長時代のマンチェスター・シティに加入。さすがに、メガクラブの層の厚さに跳ね返され、プレミアリーグデビューというところまではいかなかったものの、その後も欧州でのキャリアを重ね、2014-15シーズンにはスペイン1部のアルメリアでプレーしている。
 
 それだけのキャリアを誇る選手は国内では皆無なだけに、パフォーマンスのレベルとしては国内無敵の状態にあるわけだ。ムアントン・Uでは昨季までに166試合・78得点、タイ代表では67試合で31得点を記録。ほぼ2試合に1得点の割合でゴールを重ねている。青山が続ける。
 
「こちらが120パーセントで行っても、ムイはかなり余裕がある感じでやっている。点も取れるし、得点につながる決定的なパスも出せるスーパーな選手です」
「あんな選手は今まで見たことがないし、パーフェクトに近い選手。どうやってタイであんな選手が生まれたのか、不思議に思いますよ」
 

【PHOTO】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

1/2ページ

最終更新:9/4(日) 17:14

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。