ここから本文です

【ルヴァン杯】敵地で2ゴールのFC東京が福岡を下し4強入り! 準決勝で浦和と対戦

SOCCER DIGEST Web 9/4(日) 21:07配信

田邉が均衡を破る技ありミドル!

[ルヴァン杯準々決勝・第2戦]福岡 0-2 FC東京/9月4日/レベスタ

 FC東京が2戦合計3-1として、4年ぶりのリーグカップ4強入りを決めた。

 FC東京ホームでの第1戦を1-1のドローとして迎えた第2戦。アウェーゴールを許しているFC東京は、立ち上がりからアグレッシブな姿勢でゲームを支配する。一方リーグ戦の残留へ向け弾みをつけたい福岡も左サイドの亀川の突破などからチャンスを窺う。

 試合が動いたのは30分、梶山からパスを受けた田邉がペナルティエリア手前から狙い澄ましたミドルシュートを突き刺す。FC東京が2戦合計2-1とリードする。

 後半も一進一退の攻防が続くが、FC東京が75分に追加点を奪う。セットプレーから高橋がヘディングシュートを叩き込んだ。

 2点のリードを奪ったFC東京は、最後まで福岡に得点を許すことなくタイムアップ。第2戦を2-0でモノにし、2戦合計スコア3-1としてベスト4入りを決めた。FC東京は2012年以来、4シーズンぶりの準決勝進出となった。

 FC東京は準決勝で、神戸を2戦合計6-1で下した浦和との対戦となる。準決勝第1戦は、10月5日(水)に行なわれる。

最終更新:9/4(日) 21:08

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。