ここから本文です

ホームセンターの最先端をアイドル・℃-uteと見学してわかった女子の楽しみ方

週プレNEWS 9/4(日) 6:00配信

豊富な品ぞろえや売り場の広さで競いながら、今やなんでもそろうスーパーショップになったホームセンター。

【画像】ホームセンターを楽しむ℃-uteのふたり

『週刊プレイボーイ』36号では話題のデジタル工房から活用術、裏技まで最新事情を徹底解剖! ホームセンターによく行く人もそうでない人も、新たな魅力を発見してほしい!(前回記事「なぜ人気? ホームセンターの丸わかりランキング」参照)

最近は女性にも大人気のホームセンターだが、男目線とはやはり見るものが違うはずーーそこで現役アイドル・℃-uteと最先端の店を見学! 果たして、ふたりの目に映ったものとは…?

■なっきぃ&まいみぃ~、カインズ鶴ヶ島に立つ!

「ホームセンター」=「日曜大工」=「男の店」ってのは大昔の話。今やホームセンターは女性誌やお昼の情報番組などでもガンガン取り上げられるほど、女性にも大人気のスポットなのだ。では、彼女たちにとっては…? というわけで、現役アイドルとホームセンター見学へ!



やって来たのは、他店ではあまり見られない最新工具を取りそろえた“カインズ工房”が売りの「カインズ鶴ヶ島店」(埼玉県)。

そして同行してくれたのは、「DIYが趣味」という℃-uteの“なっきぃ”こと中島早貴ちゃんと、「ホームセンターは最近あんまり行ってないかも」というリーダーの“まいみぃ~”こと矢島舞美ちゃん! ちなみに、ふたりにとってホームセンターとは?

中島 「最近はあまりやってないんですけど、ペンキ塗りにハマっていたときはペンキを買いによく行ってました。ハマると熱中するタイプなので、洋服ダンスとかベッドとか塗ったんですよ!」

矢島 「小4で引っ越したときにいろいろな物が必要になって、近所にあった何軒かのホームセンターを回った記憶があります。なんとなく広くて楽しい場所というイメージですね」

DIY好きのなっきぃはもちろん、まいみぃ~にとってもそんなに縁遠い場所じゃないみたい。

では、ふたりが興味を持つ物はどのぐらいあるのか? 今日のメインのカインズ工房は後ほど行くとして、まずは普通の売り場から!





 



■絶叫&大興奮! その売り場とは?

さて、「広くてどこから見ればいいのかわからない」と言いながら店内を歩き始めたふたりが最初に足を止めたのは、たくさんの種類の木材が並ぶエリア。「えっ、こんな所で?」と驚く取材班だったが、ふたりにとって意外にも思い出があるんだそう。

矢島 「夏休みの工作で木の貯金箱を作ったことがあるんですけど、その材料を買ったのがホームセンターなんです。ほとんど父と兄が作ってくれたので、私は近くで見てただけですけど(笑)」

中島 「私は自分で靴箱を作ったことがあるんです。部屋の空きスペースにピッタリ収まるオシャレな靴箱を探してたんですけど、なかなか見つからなくて。『だったら自分で作ろう』と。伯父さんが大工さんなんですけど、その人が書いてくれた設計図を持ってホームセンターへ行って、お店の方に木材を切り出してもらいました。もちろん、組み立てたのは私。カナヅチがうまく使えなくて、クギが途中で曲がったり折れたりして、大変でした」

でも、苦労のかいあってお気に入りの靴箱が完成、今でも活躍しているそう。一方のまいみぃ~にも木材との思い出がしっかりあったりして、予想以上に楽しそう。

その後もケルヒャーの高圧洗浄機を見つけては「これ、前から欲しかったー!」とか、ヘルスコーナーに置いてある腹筋ワンダーコアに近寄り、「これで鍛えたら腹筋つくかな」と悩んだりして盛り上がる。基本的に通販番組でよく見る商品が好きらしい(笑)。

そんななか、最高のテンションを見せてくれたのがペットコーナー。ふたりとも犬を飼っているということで「かわいい」「欲しい」を連発。犬だけでなく、猫やウサギ、熱帯魚や金魚まで一匹一匹丁寧に見ていく。これまでにない熱心ぶりだ(笑)。



そんなこんなで40分ほどかけ、店内をグルリひと回り。いかがでした?

中島 「いつもホームセンターに来ても目当ての物だけを買ってすぐ帰っちゃうんですけど、ゆっくり見るとホントになんでもあってテンションが上がりますね」

矢島 「私も久しぶりに来たんですけど楽しかった。また来たいです!」

余談だが、取材班が「これ、おもしろくない?」と勧めた電動ドリルや脚立にはまったく食いつかなかった。女子と行くときはペット売り場のある店にすべき!

◆続編 ⇒ 「ホームセンターがさらに進化! カインズ鶴ヶ島店の最新デジタル工房を見学!!」

◆『週刊プレイボーイ』36号「進化したホームセンター最新超活用術!」では、15Pの総力特集をしているので是非お読みください!

●中島早貴(NAKAJIMA SAKI)
1994年2月5日生まれ、埼玉県出身。血液型=O型。ラジオ日本『中島早貴のキュートな時間』などにレギュラー出演中

●矢島舞美(YAJIMA MAIMI)
1992年2月7日生まれ、埼玉県出身。血液型=O型。FM PORT『℃-ute矢島舞美のI My Meまいみ~』にレギュラー出演中

(取材・文/井出尚志、渡辺雅史、高山惠[リーゼント] 撮影/佐賀章広)

最終更新:9/5(月) 11:01

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。