ここから本文です

あの『ロブション』出身シェフの新店が素晴らしすぎる!

東京カレンダー 9/4(日) 12:20配信

ミシュランの星を世界で最も多く獲得した『ジョエル・ロブション』。その日本一号店である、恵比寿の『シャトーレストラン ジョエル・ロブション』のエグゼクティブシェフとして11年間支え、3つ星を9年間守り続けた渡辺雄一郎氏。

【この記事の全ての写真】

ジョエル・ロブションの元に21年間勤め上げた渡辺シェフが築いた、自身のメゾン『ナベノ-イズム』は浅草の駒形。隅田川のほとりで日ごと催される宴はいったいどんなものなのだろうか?

フランス料理の巨匠が新境地を開く! 浅草の文化と融合した料理に感嘆

シグネチャーである最初のアミューズ・ブーシュから、美しさと食材の遊び心に驚かされる。3つの小皿は「浅草地域とのコラボスナックとアントナン風グリーンオリーブのマリネ」。

まず手前の、明治30年創業の雷おこしの老舗『大心堂』の「古代」を使ったスナックから。米、ピーナッツ、黒糖で作ったおこしの上には、ノルマンディーのバター、アンチョビ、青唐辛子の酢漬け、エスプレット唐辛子と黒胡椒が。このひと口大の料理に甘い、辛い、苦い、酸っぱい、しょっぱい、旨い、人間が感じる味覚すべてがここにある。

2つ目の小皿は80年ほど続く浅草の老舗『種亀』の最中の皮をカナッペにみたてた。その最中種にバジリコ風味のクリームチーズ、バジルの葉、塩昆布、アーモンド、黒豆を盛り付け、フランスと日本の旨みを融合してみせた。

3つ目の小皿にはオレンジの皮のコンフィを入れ、サフラン、コリアンダー、クミンなどモロッコのストリートにある香りを集結したグリーンオリーブのマリネ。2回目の渡仏の際に世話になった恩師の店、ジェラール・アントナン風と名付けた。

4つ目の「赤肉メロンのガスパチョ ポルト酒とフランボワーズの氷を浮かべて」はポルト酒とフランボワーズで作った氷が中にあり、飲み進むうちにその氷がコロンと口の中に入ってくる。伝統と遊び心が詰まった料理だ。

日本文化から始まりフランスの思い出で終わるアミューズブーシュ、ここからどんな美食の世界が広がるのか、期待が高まる!

1/4ページ

最終更新:9/4(日) 21:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革