ここから本文です

「妖精出没注意」という標識が立つ ノルウェーのヘアピンカーブ道路

CREA WEB 9/4(日) 12:01配信

Magnificent View #1069トロルスティーゲン(ノルウェー)

 見るからに危険そうな、山肌にへばりつくような曲がりくねった道。急坂に11ものヘアピンカーブが連続するこの道は、別名を「ゴールデンルート」と呼ばれる観光名所だ。

 ドライバーは冷や汗ものだが、カーブを昇りきったビューポイントからは、美しい滝や素晴らしい絶景を望むことができる。

「トロル」とはノルウェーの童話に登場する森の妖精、「トロルスティーゲン」とは「トロルの梯子」という意味。1600メートル級の山々に囲まれた道幅の狭い車道がトロルの使う梯子に見えることから、名付けられたのだとか。この道にさしかかる国道63号線沿いには、「トロル出没注意」という標識まである。

 急勾配の道といえば、日光のいろは坂が思い浮かぶが、その倍近い勾配があるトロルスティーゲン。どれほど急な坂であるかがイメージできるだろうか。

 この道を通行できるのは、5月末から9月末までの、夏から初秋にかけてのみ。運転に自信があれば、ぜひ絶景の中のスリルあるドライブを楽しんでみては? 

芹澤和美

最終更新:9/4(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。