ここから本文です

「結婚10年以上でも夫にときめく」妻の3人に1人

R25 9/5(月) 7:00配信

生涯変わらぬ愛を誓い合ったはずなのに、結婚生活が長くなるにつれ、妻の態度が冷たくなってきた…。そんな悩みを抱えている人も少なくないのでは? そもそも「恋愛感情は長くても3年までしか続かない」なんて説もあるように、長い結婚生活でずっと妻からときめいてもらうのは難しいのかも。では、妻から夫に対してのときめきは、結婚何年目くらいで失われてしまうことが多いのか? 30~40代の結婚歴10年以上の女性150人にアンケート調査を実施した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈夫に対して、結婚何年目までときめいていた?〉

・0年目(結婚前) 24.0%
・1年目 12.0%
・2年目 6.7%
・3年目 13.3%
・4年目 0.0%
・5年目 8.0%
・6年目 1.3%
・7年目 0.0%
・8年目 0.7%
・9年目 0.0%
・10年目以上 1.3%
・今でもときめくことがある 32.7%

うれしいことに、【今でもときめくことがある】が約3割でトップに。しかしながら、3年目までに夫へのときめきが失われてしまった割合を合算すると56%となり、【今でもときめくことがある】を大幅に上回る数値だ。もっとも、そのうち24%は【結婚前からときめかない】なので、「だんだんときめきが失われていく」ケースとは少々性質が違うが、夫からすると、結婚前からドキドキされていないというのも、それはそれでショックである…。

また、上記質問で【今でもときめくことがある】以外を選択した妻101人に、「ときめかなくなった代わりに、夫に対してどんな感情を抱くようになった?」と聞いてみたところ、待ち受けていたのは衝撃の結果。

〈夫へのときめきは、どんな気持ちに変化した?〉
※自分の最も近い感覚を単一選択

・興味を失った 34.7%
・触れるのが嫌になった 25.7%
・深い愛に変わった 21.8%
・その他 17.8%

数値は少々の差とはいえ、【深い愛】よりも【興味を失った】【触れるのが嫌になった】の方が優勢に。特に、妻の4人に1人が【触れるのが嫌になった】と感じているというのは悲しすぎる事実…。さらに、「夫にときめかなくなったことで困るのはどんなとき?」とも聞いてみると、男としては耳を塞ぎたくなるようなエピソードが続々と寄せられた。

【夫との時間が苦痛】
「一緒にいるだけでイライラする」(43歳)
「嫌な面ばかり見えてくる」(42歳)
「同じ空気を吸うのも嫌なときがある」(43歳)
「一緒にいるのも嫌だけど子供がいるから別れられない」(43歳)
「相手の欠点ばかり気になるようになった」(48歳)

【性生活がつらい】
「性行為をしたくないのに迫られること」(42歳)
「夜のつとめが苦痛になった。義務でなんとかこなしてるが限界」(46歳)
「夫に触られるのを拒否すると怒られる。でも、本当に嫌だから困る」(45歳)
「体を求められて、吐きそうになる。人としては嫌いじゃないので、困る」(43歳)

【妻自身の女子力が衰えた】
「生活感が出すぎた」(37歳)
「家にいる時、美容に気を使わなくなった」(47歳)
「ドキドキ感がなくなりすぎて、おしゃれをしなくなった」(46歳)
「お料理に愛を込められなくなった」(47歳)

【浮気してしまいそう】
「ほかの人に目移りしてしまう」(36歳)
「好きな人ができた」(44歳)

あまりに厳しい妻たちの本音。「結婚は墓場」という言葉は真実だったのか…。その一方で、

「いるのが当たり前、家族」(48歳)
「干渉しないが、いてもらわないと困る」(43歳)
「同志のような感じになってきている」(45歳)
「あまりも空気みたい過ぎる。無きゃ困るけど」(45歳)

のように、「もうときめかないけど、生活には不可欠」という意見もまた多数。ややぞんざいな扱いは否めないが、男として見られていないなら、せめて大切な家族として優しくされたいもの。もちろん、もう一度ドキドキする気持ちが復活するような魔法があれば、それが一番いいんですけどね…。

(有栖川匠)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/21(水) 23:09

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。