ここから本文です

演出家が生田絵梨花の“恋愛”についてファンに呼び掛け 「舞台はかりそめのもの。我慢してください」

エンタメOVO 9/5(月) 18:43配信

 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の制作発表および囲み会見が5日、東京都内で行われ、出演者の古川雄大、大野拓朗、生田絵梨花(乃木坂46)、木下晴香、演出の小池修一郎氏ほかが出席した。

 大ヒットを記録したミュージカルが、新たにオーディションで選ばれたキャストと新演出によって4年ぶりの再々演。それぞれダブルキャストで配役され、この日は「世界の王」、「エメ」など5曲を披露した。

 2度目の出演となるロミオ役の古川は「僕自身、新作に挑む気持ちで、また一から、台本に、ロミオに向き合っていきたい」と意気込みを語った。

 同じくロミオを演じる大野は「小池先生演出のこの舞台が世界で一番好きな公演。これまで4年間、ずっとこの舞台に出していただくことを夢見て精進してきました」とあふれる喜びを語った。

 ジュリエット役に挑む生田は「私にとってこの作品は憧れの作品。3年前にこの作品を見て感動と衝撃を受けました。いつかジュリエットをやりたいと思い続けて、今ここに立っていることがうれしいし、まだ不思議な感じがしています」と感慨深げに思いを述べた。

 小池氏が「“絵梨花さま”がね、ずっと芸能界でやっている人は慣れていると思うんだけど、初々しいというか緊張していてびっくりした」と生田の印象を語ると、生田は「全然慣れていないです。普段は大人数なので独り身になると…」と苦笑した。

 さらに小池氏は、ロミオとの恋愛について生田ファンに「大丈夫? 我慢してくださいね。舞台はかりそめのものです」とフォローを入れて笑わせる場面もあり、生田は「ファンの方々は心配はされると思うけど、来てくださったファンの方が今度は『ロミジュリ』のファンになってくれたらうれしい」と呼び掛けた。

 舞台は都内、赤坂ACTシアターで2017年1月15日~2月14日、大阪、梅田芸術劇場メインホールで2月22日~3月5日に上演。

最終更新:9/5(月) 20:42

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。