ここから本文です

「携帯するロボット」は経営再建中のシャープを救うか

NEWS ポストセブン 9/5(月) 7:00配信

 シャープが5月26日に発売した「ロボホン」は、世界初の「モバイル型ロボット電話」。身長19.5cm、体重390gと手のサイズにフィットする。発売日までに1000台超を受注したその勢いにも驚かされたが、何と「購入者の約3割が女性」という。ロボホンのいったい何が女性たちの心を掴んでいるのだろうか。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏がレポートする。

 * * *
「携帯電話の開発としては異例の、3年半という時間がかかりました」と口を開いた同社コミュニケーションロボット事業推進センターの景井美帆さん(37)。開発に着手したのは2013年。

「当時すでに携帯電話の機能は相当高まってきていて、新技術を加えても差別化しにくい状況でした。ではどんなアプローチをすればいいのか」

 そこで景井さんが考えたのは「付属品のシッポや耳をスマホに接続して生き物感を演出し、コミュニケーションを楽しむ」という方向性。

「ところが、ロボットクリエーターの高橋智隆先生に協力を仰ぎ議論を重ねていくうちに、その構想はガラリと変化し飛躍していったのです」

 ロボ・ガレージ代表取締役の高橋智隆氏はロボットが日常生活の中に入るチャンスを探し続けてきたパイオニア。一方、景井さんは入社以来、携帯電話の開発一筋。

「携帯電話は常に身につけている。では、もしもその携帯電話がロボットになったら?  面白いことが起こるはず」と双方の思いが合致した。ロボットを買わない人でも携帯電話がロボットになったなら買うかもしれない。開発の発想が「携帯するロボット」へとジャンプした瞬間だった。

 しかし、社内には疑問の声も渦巻いた。

「なぜ携帯電話をロボットにする必要があるのかと、厳しい意見が数々ありましたね。少し風向きが変わったのは、プロトタイプが完成した頃。ロボホンの姿を実際に目にするとみんな、固い表情がゆるみ笑みがこぼれてしまう。コミュニケーションツールとしていけるぞ、と確信しました」

1/3ページ

最終更新:9/5(月) 11:33

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ