ここから本文です

猫と名画のコラボ「ねこ休み美術館」 有名声優による音声ガイドも

オーヴォ 9/5(月) 15:40配信

 ここ数年の猫ブームを反映して、“ねこタレント”や“スター猫”という言葉をよく聞くようになった。ファンの中には、お気に入りの“タレント”の成長を楽しみにしている人もいるだろう。BACON(東京)は、美術館をテーマにした猫とアートの展示会「ねこ休み美術館」を、東京で9月14日(水)から開催する。今回初企画となる「ねこ休み美術館」は、2015年から開催されている、SNSで人気の猫クリエイターが集結する合同写真展「ねこ休み展」がベース。もっとも、今回発表される作品は、今までとは違った作風になる予定。人気猫や作家の違う魅力に触れることができるはず。一番の目玉は、「最後の晩餐」ならぬ「スター猫の晩餐」など、誰もが一度は目にしたことのある数々の名画とスター猫とのコラボ。有名声優による、音声ガイド(別途料金)もあり、お気に入りの作品をより深く知ることができる。

 10月に大阪、12月に札幌でも開催する。

 「ねこ休み美術館」in 東京

開催場所:大丸東京店 11階 催事場(東京都千代田区丸の内1-9-1)

開催期間:2016年9月14日(水)~9月20日(火)

入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)※初日9月14日(水)は正午オープン、会期中の木・金曜日は午後8時30分まで(午後9時閉場)、最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)

入場料:一般・大・高生 600円、中学生以下無料

最終更新:9/5(月) 15:40

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。