ここから本文です

『情熱大陸』で話題の田中彩子さん ディレクターが語る魅力

NEWS ポストセブン 9/5(月) 7:00配信

 緑豊かな公園が隣接したそのコンサートホールには、その日、静寂と喝采が入り混じる特別な時間が流れた――。

 8月28日、長崎『とぎつカナリーホール』に集まった700人の観客を魅了したのは、オーストリア・ウィーンを拠点に活躍するソプラノ歌手の田中彩子さん(32才)。彼女の歌声は「100年に1人」といわれる「Coloratura」。一般的なソプラノよりはるかに高音域で、「天使の歌声」「小鳥のさえずりのよう」などと、世界の音楽シーンで絶賛されている。

 そんな彼女に密着した『情熱大陸』(毎日放送系)が6月に放送されるや日本でも大きな注目を集めている。

『情熱大陸』放送終了後には、田中さんのホームページにアクセスが殺到し一時サーバーダウンになったことがニュースとなった。2014年11月に田中さんがリリースしたCD『華麗なるコロラトゥーラ』は、ビルボード・ジャパン・トップ・クラシカル・アルバムのチャートで、約8か月ぶりに1位に返り咲いた。そして、このたび初めて出版したフォトエッセイ『Coloratura』(小学館)も話題になっている。

「彼女の魅力は、歌声だけじゃない」

 そう話すのは、『情熱大陸』で田中さんの特集を企画したディレクターの申成晧さん。彼は田中さんを取材すべくウィーンを訪れた。

「最初に会ったときの印象は、良い意味で“普通”。モーツァルトのオペラツアーのヒロインに抜擢されたとか、奇跡の歌声の持ち主とか、華麗な肩書や略歴を聞いていたので、実際対面した彼女にはギャップを感じました」(申さん)

 美しすぎるソプラノ歌手といわれているものの、話すと少し舌足らず。18才で単身ウィーンへ飛び立ち、今なおそこで生活しているため、日本語が苦手なのだ。またクラシックという華やかなイメージの世界に身を置いているが、本人はいたって自然体。申さんはたちまち彼女に魅了されたという。

 実際の放送では、番組冒頭、田中さんが本番前の楽屋で外したブラジャーのホックが羽織っていたショールにひっかかったというシーンが話題になった。申さんが振りかえる。

1/2ページ

最終更新:9/5(月) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。