ここから本文です

プロ直伝! 親にスマホ操作を教える5つのコツ

R25 9/5(月) 7:00配信

スマホの所有率は年々上がり、最近ではなんと70%を超えているといわれ、年配の人へもスマホが普及してきた。実際、親がスマホを持つようになり、「スマホの操作を教えて!」と聞かれている人も少なくないだろう。しかし、教えてもなかなか理解してくれないからといって、無下にはできないが、面倒なのは否めない…。そこで、「親にスマホの操作を教えるときのコツ」について、スマホの使い方講座を行う「スマホの学校」の天田亮介さんに聞いた。

「大切なポイントは5つあります。まず、1つめは“全体像を教える”ということ。スマホは、ガラケーのように説明書を読めば、使い方がすべて理解できるものではありません。というのも、アプリをダウンロードすることで様々な機能をプラスしていくことができるからです。そしてダウンロードを可能にしているのがインターネットの存在です。そもそも、この構造を分かっていないシニアの方もいらっしゃるので、はじめに伝えておきましょう」

天田さんいわく、“スマホは買った状態で何でもできる”と勘違いしている人も多いそう。そのため、スマホは完成品ではなく、自分でカスタマイズし、使いやすくしていくものだと伝える必要があるのだとか。

「2つめのポイントは、“自分の手で操作させる”こと。教える側がスマホを操作しながら口頭で説明し、それをメモにとる人がいますが、実際に操作した方が覚えやすいものです。また、メモをとるとそれを頼りにしすぎてしまう場合もあります」

なんでも、メモをするときにアイコンのデザインや位置までメモをする高齢の方もいるそうだ。しかしそれでは、アイコンの位置が入れ替わったときや、アップデートで柄が変わったとき、途端にわからなくなってしまう。使って目と手で覚えていれば、そういったトラブルが少なくなるのだとか。

「3つめは、“難しい単語を使わない”です。例えば、アイコンという言葉を“マーク”、アプリを“機能”といったように、シニアでもなじみのある言葉に言い換えます。これは、相手の知識レベルによって使い分けるようにしましょう」

私たちでも、知らない言葉がたくさん出てくると話の理解度が下がることがある。シニア世代も同じなのだ。

「4つめのポイントは、“IDとパスワードを一緒に整理する”こと。スマホは様々な場面でIDとパスワードを求められます。そんなときに、シニアの方はIDとパスワードの組み合わせを忘れてしまうんです。紙に書いて絶対になくさない場所にしまったり、スマホのメモ機能にまとめておいたりしておくとよいでしょう」

セキュリティ面を踏まえると、パスワード管理ソフトなどに任せたいところだが、機能を増やすと覚えることも増えてしまう。そのため、シニアにはあえてアナログな方法を推奨しているという。

「最後のポイントは、“使い終わったら一旦スリープ状態に”と念押しすること。スリープ状態にしないでポケットやカバンにしまうと、意図せず電話をかけてしまったり、アイコンの位置が変わったりします。それを、『遠隔操作された!』と心配する人もいるので、操作が終わったらスリープ状態にすることと、しばらく操作しないと、勝手にスリープになることは必ず教えておきましょう」

「このくらいならわかるはず」と思ってしまうが、親世代の人に対する認識は改めないといけない、と天田さんは語る。

「機械音痴の人にスマホを教えるということは、『産業革命が起こっていない時の人に車を見せるようなもの』だと思っているとよいですよ」

初めから、わからないことを想定しておけば、何度同じ質問をされてもイライラすることがなくなるのだ。

親からの「スマホ操作教えて」攻撃を受け、困っている人は多い。「スマホがフリーズしたようだったので、強制終了し再起動するように言ったが、なぜかかたくなにしなかった」(35歳・男性)、「何度も一度は自分でググるように伝えているが、毎回ヘルプの連絡が入る」(34歳・女性)など、“言われたことをやらない”という被害報告が筆者の元に寄せられた。また、「スマホの使い方を聞くために電話をしてくるが、スマホでしているため話を聞きながら操作できないことがある。固定電話からかけてくればよいのに…」(27歳・女性)というエピソードも。

面倒だとは思いつつも、親が困っているなら助けてあげたいのが“子心”。5つのポイントを参考にして、親の「スマホ操作教えて」攻撃を受けて止めてあげたいですね。

(河島マリオ)

【取材協力先リンク】

スマホの学校

http://www.s-phone.org


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/5(月) 16:50

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。