ここから本文です

「しんぶん赤旗」 政権に不都合な情報も調査する諜報機関

NEWS ポストセブン 9/5(月) 16:00配信

 8月初旬の内閣改造直後、官邸内で、ある“報道”が波紋を広げた。

「しんぶん赤旗」が、稲田朋美・新防衛相が「白紙領収書」を受け取っていたとの政治資金疑惑をスクープしたのである。

 国会閉会中のため永田町で追及されることもなく、赤旗が「領収書の筆跡鑑定」で独自に調べ上げた内容だったため一般の新聞が後追いすることはなかったが、看板新大臣のスキャンダルを報じた赤旗のねっとりと執拗な“調査力”に、官邸中枢は動揺を隠せなかった。

 多くの人は手に取ったことがないかもしれないが、赤旗は日本共産党の「機関紙」として、日刊紙は全国で約20万部、週刊の「日曜版」は約100万部発行されている。

 党の機関紙と言っても、他党のそれのように「党の方針や考え方を読者に知ってもらう」というのは、この新聞の役割のほんの一部だ。

 実際には、稲田疑惑のように与党議員のスキャンダルや政権にとって不都合な情報を調査し集約する“諜報機関”であり、約200億円もの購読料という形で党収入の8割以上を支える“集金マシン”であり、新聞購読勧誘を入口にして党員を増やすための“党勢拡張ツール”でもある。

 何より赤旗は、参院選で躍進した共産党のパワーの源泉ともなっている。そしてその共産党は、今後も「野党共闘戦略」を続けて国会でキャスティングボートを握ろうと狙っているのだ。

※SAPIO2016年10月号

最終更新:9/5(月) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。