ここから本文です

乃木坂46の3期生12名がお披露目!暫定センターは齋藤飛鳥が理想

Smartザテレビジョン 9月5日(月)14時18分配信

乃木坂46の3期生オーディションの最終審査が4日、都内で行われ、新メンバー12名がお披露目された。3期生の募集については、今春、応募希望者に対して現役メンバーがグループの活動などをレクチャーする“セミナー”が開催された後、7/4より正式募集を開始。応募総数48,986人の中から最終審査に残った13名のうち、1名の辞退者を除く12名全員が合格者となった。

【写真を見る】3期生の中で暫定のセンターに選ばれた大園桃子は「何もできないのに、受かったのが不思議。これから頑張ります」と困惑!?

1期生(38,934名)、2期生(16,302名)を上回る応募数の中から合格を手にしたメンバーは、名前を呼ばれた順にひとりずつ登壇。最後に名前を呼ばれ、暫定ポジションながらセンターに着いた大園桃子は「何もできないのに受かったのが不思議です…これから頑張ります」と神妙は面持ちでコメント。理想のセンター像として、乃木坂46の1期生で15thシングル「裸足でSummer」のセンターを務める齋藤飛鳥の名前を挙げた。また、「具体的にどんなことを頑張りたいか」という質問に対しては、「全部…頑張ります」と話し、終始、緊張気味。

他のメンバーも一様に緊張しながらコメントする中、応募資格の年齢制限の下限で、グループ全体の最年少となる岩本蓮加(12歳/中学1年生)は、「まだぜんぜん実感できていませんが、3期生メンバー全員で頑張ります」と力強く宣言していた。

今回のオーディションでは初の試みとして、出版各社全20誌からメンバーに対し特別賞が贈られた。KADOKAWAからは「別冊カドカワ賞」を宮城県出身の中学3年生・久保史緒里に贈呈。「まだスタート地点に立ったばかりです。ここで満足しないで頑張っていきたいと思います」と抱負を語った。

■乃木坂46第3期生 合格者プロフィール

1・中村麗乃(ナカムラレノ)/14歳/東京都

3・大園桃子(オオゾノモモコ)/16歳/鹿児島県

4・山下美月(ヤマシタミヅキ)/17歳/東京都

5・阪口珠美(サカグチタマミ)/14歳/東京都

6・吉田綾乃クリスティー(ヨシダアヤノクリスティー)/20歳/東京都

7・向井葉月(ムカイハヅキ)/17歳/東京都

8・岩本蓮加(イワモトレンカ)/12歳/東京都

9・与田祐希(ヨダユウキ)/16歳/福岡県

10・久保史緒里(クボシオリ)/15歳/宮城県

11・伊藤理々杏(イトウリリア)/13歳/沖縄県

12・梅澤美波(ウメザワミナミ)/17歳/神奈川県

13・佐藤楓(サトウカエデ)/18歳/愛知県

■出版社コラボレーション特別企画賞一覧(順不同)

「an・an」(マガジンハウス)/中村麗乃

「non-no」(集英社)/佐藤楓

「Zipper」(祥伝社)/山下美月

「LARME」(徳間書店)/山下美月

「LOVE berry」(徳間書店)/岩本蓮加

「週刊ヤングジャンプ」(集英社)/大園桃子

「週刊ヤングマガジン」(講談社)/山下美月

「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)/山下美月

「FLASHスペシャル」(光文社)/大園桃子

「FRIDAY」(講談社)/久保史緒里

「週刊プレイボーイ」(集英社)/久保史緒里

「BRODY」(白夜書房)/与田祐希

「月刊エンタメ」(徳間書店)/大園桃子

「OVERTURE」(徳間書店)/与田祐希

「UTB」(ワニブックス)/伊藤理々杏

「BOMB」(学研パブリッシング)/大園桃子

「EX大衆」(双葉社)/久保史緒里

「B.L.T.」(東京ニュース通信社)/与田祐希

「AKB新聞」(日刊スポーツ)/大園桃子

「別冊カドカワ」(KADOKAWA)/久保史緒里

最終更新:9月16日(金)12時31分

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年40号
9月28日

特別定価:350円

表紙:香取慎吾
欅坂46スペシャル
激レアグッズ大プレゼント
秋の新ドラマ主役インタビュー

Smartザテレビジョンの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]