ここから本文です

W杯最終予選で初勝利目指す日本代表「強い気持ちを持って戦う」

東京ウォーカー 9/5(月) 19:14配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第2戦が、9月6日(火)に行われる。

【写真を見る】タイでも注目度バツグン!メディアも大挙

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、敵地でタイ代表と対戦。5日(月)には、日本代表を率いるヴァイッド・ ハリルホジッチ監督が試合の前日会見に出席し、意気込みを語った。

日本代表は1日(木)に、アラブ首長国連邦(UAE)代表とホームで対戦。初戦で1-2と敗れ、黒星スタートとなっていた。ハリルホジッチ監督は「1試合目(UAE代表戦)が終わったあと、かなり悲しんだが、元気を取り戻さないといけない。強い気持ちを持って、次の試合に臨まなければならない」と語った。

タイ代表も初戦のサウジアラビア代表戦で0-1と敗れ、1敗同士の対戦となる。指揮官は「タイの観客は非常に熱狂的であり、日本国民もかなり期待している」とコメントするとともに、「日本の選手は元気な様子で、いいトレーニングができている。次の試合で勝利を探しにいく準備はできている」と口にした。

敵地での戦いで、スタジアムは6万人以上の観衆で埋まることが予想される一戦。「スタジアムの雰囲気もよく分かっている。数試合ビデオも見たが、サポーターもすごく応援する。タイは国内で良い試合ができるし、連続プレーも速い」と警戒する。

「日本は経験とクオリティーがあるし、試合をコントロールすることもできる。強い気持ちを持って戦う準備ができている。最終予選は、ひとつも簡単な試合はない。どこに行っても強い気持ちで勝ちにいかなければならない」と、初勝利へ力を込めた。

落とせない試合に臨む日本代表の戦いぶりに、注目しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/5(月) 19:14

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。