ここから本文です

坂口杏里、AV出演の背景に"ホスト狂い" 母の遺産を使い込んで背負った借金の額

週刊女性PRIME 9/5(月) 17:30配信

 坂口杏里といえば、お笑いコンビ『バイきんぐ』の小峠英二との水族館手つなぎデートがフライデーされて話題となった。

 母で女優の坂口良子さんが'13年に亡くなったあとも、彼女はバラエティー番組に多数出演し、公私ともに充実した日々を送っていたに違いない。ところが……。

「もともと寂しがり屋の杏里だけど、小峠さんという大人な彼と一緒にいるうちは、気持ちは安定していたんです。でも、彼と別れてからはまたひとりぼっち。

 もともと、小峠さんと付き合う前から、ホストクラブで遊んだりしていたけど、彼と別れてからは入り浸るようになった。彼女が入れあげていたのは、新宿・歌舞伎町にあるホストクラブ『B』のKクン。坂口健太郎さんを派手にしたような塩顔のイケメンです。アフターしたり、店外デートもしていました。彼の家に転がり込んでいた時期もあったそうですよ」(杏里の知人)

 小峠との別れでホストにのめり込むようになった杏里。そうなると、'12年に母・良子さんと再婚した継父でプロゴルファーの尾崎健夫とも徐々に疎遠になった。

「尾崎さんは、ときどき電話で杏里さんと話していたこともあったようですが、最近はまったく会っていなかったようですね。尾崎さんは周囲に“娘ってどう接していいかわからない……”とこぼしていましたよ」(ゴルフ関係者)

 良子さんが亡くなったあと、遺産として残った数千万円を、尾崎はそっくり2人の子どもに渡したという。

「杏里は“お母さんが遺してくれたお金だから、絶対に手をつけない”と言っていましたが、ホストクラブに通ううちに、そのお金も使い切ってしまったようです。

 当然、それだけでは足りず、今では500万円ほどの多額の借金を背負ってしまったみたい。1か月くらい前にも、仲のよかった友達に“10万円貸してほしい”と頼んでいたみたいですよ」(前出・杏里の知人)

 ホストにハマるのと比例するように、杏里の仕事は徐々に減っていく。そんな、彼女にアダルトビデオ業界が目をつけたのは、自然の流れだったのかもしれない。

「精神的に不安定になっていた彼女だけに、口説くのはそう難しくなかったようです。この1本の出演料は1億2000万円とも1億4000万円とも言われていますが、本人の取り分は2000万円前後とか。

 一般的にモデルの取り分は7割程度なので、この金額は少なすぎます。それでも借金を消したいがために、引き受けたのかもしれませんね」(AV業界関係者)

 だが、ギャラを1億円以上も出して商売が成り立つのだろうか─。

「杏里がデビューするのは芸能人専門のメーカーで、過去にはWinkの鈴木早智子や島田陽子が出演している。しかも、親会社はグループでアダルトビデオの製作販売、ゲームや金融業などで年商1000億円以上を売り上げる大企業です。

 そこのオーナーは、芸能人をアダルトビデオに出すことに情熱を燃やしており、損得は考えていないと評判です。すでに8月に撮影は終わっているようで、9月中旬には写真週刊誌などでヌードが披露され、10月1日にビデオが発売されるようです」(男性週刊誌記者)

 そこで、杏里が所属していた芸能事務所に話を聞くと、

「3月いっぱいで弊社を辞めており、わかりません」

 とのこと。また、ビデオを製作したメーカーの親会社にも問い合わせたが、期限までに回答を得られなかった。

最終更新:9/8(木) 16:06

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ