ここから本文です

付け足しビタミンで“栄養機能食” 健康食品のトホホ

Book Bang 9/5(月) 8:00配信

 あのクドいCMにやられるのか、青汁だ黒酢だグルコサミンだヒアルロン酸だのサプリメント飲んでる知り合いは多いんですが、“効果を実感”してほしい逸品は別にあって、それが高橋久仁子の『「健康食品」ウソ・ホント 「効能・効果」の科学的根拠を検証する』。

 著者は栄養教育が専門の農学博士で、同じシリーズの『「食べもの情報」ウソ・ホント』『「食べもの神話」の落とし穴』でも、売る側の無恥と買う側の無知を世に伝えてきた。数ある『買ってはいけない』方面の類書より成分の科学的評価の納得度が高いのがイイ。

 今回は役所の垂れ流す「トクホ」やら「栄養機能食品」やらのカネ臭いお墨付きのおかげで、アミノ酸云々が売りの黒酢サプリのくせに付け足しの成分のビタミン類で「栄養機能食品」に化けるような珍品が続出してる馬鹿らしさまで見せてくれる。

 なお、この新書でもデータや制度がよく紹介されるけれど、ワタシは流し読みしたし、アナタだって飛ばし読み可。そもそも統計やら法令やらの難解さは健康食品を売り込む側の最強の武器でもあって、一方、売り込まれる側には最強の防具。要するに、わからないモノは買わなきゃいい。

 かなり無知無恥なワタシにも、眼が悪いからアントシアニン、頭が悪いからDHA……程度の健康志向はあって、でも、冷凍のブルーベリーや青魚の水煮缶を近所のスーパーの安売りで調達する程度。なにより、好物だしね。

[評者]――林操(コラムニスト)

※「週刊新潮」2016年9月1日号掲載

SHINCHOSHA All Rights Reserved.

最終更新:9/5(月) 8:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。