ここから本文です

『新潮』にシン・ゴジラ論掲載 文芸評論の第一人者は『シン・ゴジラ』をどう論ずるか?

KAI-YOU.net 9/5(月) 20:48配信

文芸誌『新潮』の2016年10月号に庵野秀明さんが総監督をつとめた映画『シン・ゴジラ』の評論が掲載されることがわかった。発売は9月7日(水)となっている。

ゴジラ大好きの文芸評論家、加藤典洋が論ずる

評論は「シン・ゴジラ論(ネタバレ注意)」と題され、目次から推察するに、戦後と震災後という2つの観点を軸に論じられるようだ。

筆者は文芸評論家の加藤典洋さん。村上春樹さんや大江健三郎さんといった現代作家の作品批評などで知られているが、実は「ゴジラ」シリーズの大ファンでもあり、2010年にも単著『さようなら、ゴジラたち――戦後から遠く離れて』で戦後思想とゴジラを結ぶ仕事を行っている。

インターネット上でも様々な議論を巻き起こし、一大ムーヴメントとなっている『シン・ゴジラ』。文芸評論の第一人者でゴジラ愛好家でもある加藤さんはどのように読み解き、論ずるのか、注目される。

最終更新:9/5(月) 20:48

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。