ここから本文です

非正統派マーケターが導き出したUSJ成功への道

PHP Online 衆知(THE21) 9/5(月) 12:20配信

世の中の出来事はすべて 「数字」で考えれば解決できる

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と言えば、国内外から多くの人が訪れる日本を代表するテーマパークの1つ。しかし、つい数年前までは、地元関西からの集客に頼り、全国的注目度は低かった。そのUSJが今や、世界第4位の集客を誇るテーマパークとなっている。その背景には、ユー・エス・ジェイCMO森岡毅氏のずば抜けたアイデアと考え方があった。USJを劇的に変えた、「マーケティング思考」とはどのようなものなのだろうか。

USJの復活は奇跡でも偶然でもない

 テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の快進撃が止まらない。社運を賭けた「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」をオープンした2014年度に1,270万人の年間集客を記録。その後も大幅な記録更新を続け、2015年10月には過去最高の月間175万人を集客し、単月ながら東京ディズニーランドをも超えて集客数日本一のテーマパークとなった。その仕掛人ともいえる人物が、ユー・エス・ジェイのCMOを務める森岡毅氏である。氏は「マーケティング思考は、あらゆる仕事における業務効率と成功の確率を劇的に上げる」と断言する。

「USJの復活、成功は奇跡でも偶然でもありません。理由はたった1つ、マーケティングを重視する企業となったことです。かつて新規事業の成功率は30%でしたが、今は97%にまでなりました」  

 開業した2001年度こそ想定を上回る1,100万人が訪れ、大変華々しかったUSJだが、2年目以降、集客数を減らし、開業当初の域まで持ち直すことはなかった。前社長グレン・ガンペル氏から直接要請を受けて前職のP&G社から転職した森岡氏がまずやったのは、市場データや消費者データ、経営に関する資料など、徹底的にデータを調べ、読み込むことだった。

「そして少なくとも年間1,000万人レベルの総集客を維持継続することは可能であるという結論に達しました。そのとき、役立ったのが数学です」

1/5ページ

最終更新:9/5(月) 12:20

PHP Online 衆知(THE21)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE21

PHP研究所

2016年12月号
2016年11月10日発売

630円(税込)

【総力特集:今より1時間早く仕事が終わる働き方】残業をせずに高い成果を出すには?ハイパフォーマンスを出しているビジネスマンや会社からヒントを学ぶ。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。