ここから本文です

宇宙からの「強い信号」はエイリアンのものではない、と科学者たちが考える5つの理由

WIRED.jp 9/5(月) 7:10配信

8月末、「HD164595方向からの強い信号」を観測したという発表が多くのヘッドラインを飾った。HD164595は太陽に似た星で、94光年彼方にある。その方向に向けられたロシア・ゼレンチュクスカヤのRATAN-600電波望遠鏡で、天文学者は背景雑音の約4.5倍強い電波の大放射を検知した。もしかしたら宇宙人かもしれない、と彼らはほのめかした。調査するべきだと。

【詳細を見る】深宇宙から「強い信号」 ──地球外知的生命が存在する可能性は?

彼らのプレゼンスライドは天文学者の間で広まった。ウェブサイト『Centauri Dreams』のポール・グリスターは、「ひとつの興味深いSETI(地球外知的生命体探査)候補」だと書いた──もしかしたらそれが地球圏外の文明から来たかもしれないという意味だ。それが、メディアの嵐を引き起こした。

しかし、天文学者はその「SETI候補」信号について、それが電波だということ以上にはほとんどわかっていない。人類はこの信号が何であるかを考えるためにしばらく時間を費やすべきだということは間違いない。だがその一方で、現時点でこの信号が人類以外の生命体が発していると結論付ける根拠はほとんどない。なぜかを説明しよう。

1. それが「星から来た」かはわからない

ヴェテランの天文学者でありSETI研究所の研究部長セス・ショスタクは、望遠鏡を使って空の細かなポイントを見ることはできないと言う。どのような望遠鏡にも「視野」というものがあるのだと。

RATANの視野は円形ではない。これは東西方向に伸びた範囲をとらえ、今回の場合であればそれはHD164595を中心としていた。しかし南北方向にも(電波は)「非常に伸びている」と、ショスタクは研究所のウェブサイトに書いている。そして謎の電波の源は、その伸びている範囲のどこでもありうるのだ。望遠鏡の「視野」とは、ある特定の形をしたピクセルにすぎないのである。

われわれは通常、ピクセルというものを、どこかに焦点の合った小さな点だと考えがちだ。しかし本来ピクセルとは、ある特定の領域の光の総量を表したものだ。「HD164595方向」から来たという電波は、その星の実際の位置の少し北かもしれないし、南から来た可能性もある。科学者はその違いを見分けられない。

2. それが「狭帯域信号」かどうかはわからない

歴史的に、SETI計画は周波数の狭帯域信号を探査してきた。科学者たちは、例えばわれわれがラジオの放送で行っているように、信号を圧縮するには技術が必要だと思っているからだ(自然界の最も狭い電波信号は約300Hzの広がりがあるという)。

つまり圧縮された信号は、「誰かが意図的につくったもの」と考えられる。従ってSETIの科学者は空から電波を集め、それを複数の周波数に分割し、ひとつ、あるいは少数の帯域に強いスパイクがあるか否かを調べる。SETI研究所のアレン・テレスコープ・アレイは信号をヘルツ幅の塊に分割し、それはギガヘルツ幅のRATAN-600のデータよりも十億倍細かい。

だが望遠鏡は1ギガヘルツ分の周波数をひとまとめにする。元の信号は狭帯域だったのか? 広帯域なのか?このデータだけではわからない。

1/2ページ

最終更新:9/5(月) 7:20

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革