ここから本文です

ブラック・アイド・ピーズが再び歌い上げた問い「愛はどこにあるんだ?」

GQ JAPAN 9/5(月) 15:11配信

ブラック・アイド・ピーズの名曲「Where is the love?」の新バージョンが登場した。世界平和を願って、多くの著名人もこの曲を歌い上げている。

【ミュージックビデオに出演した有名人 その他画像】

ヒップホップグループのブラック・アイド・ピーズが2003年に発表して大ヒットを記録した曲「Where is the love?」。あれから13年、彼らはこの曲を新たにアレンジし、2016年バージョンとして公開した。

「Where is the love?」は、9.11後に社会が直面したテロリズムや人種差別などの問題を直視し、今こそ世界の平和を願おうというテーマで制作された作品である。最初のリリースから13年が経った今も、米国では銃乱射事件が相次ぎ、社会情勢は悪化し続けている。これらの悲惨な事件を目にして、ブラック・アイド・ピーズはこの曲の再リリースに動いたのだ。

2016年版はウィル・アイ・アムのソロから始まり、オリジナルよりもテンポを落としたメランコリーな曲に仕上がっている。ミュージックビデオには、近年発生した紛争やテロ事件、銃撃事件を写したモノクロの報道写真が流れる。さらに、ジャスティン・ティンバーレイクやディディ、アッシャー、エイサップ・ロッキー、ジェイミー・フォックス、ケンダル・ジェンナー、ジェシー・J、ジェイデン・スミスなど、多くの有名人が出演している。

「パリで同時多発テロ事件が起きて以降、多くの人から“もう一度『Where is the love?』を歌ってほしい”というリクエストを受けたんだ。そうしている間にもベルギーやトルコでテロ事件が立て続けに起こっていったし、オーランドやフィンランド、ダラス(米国本土で発生した銃撃事件)でもね……。そんな時に『Where is the love?』を聞きたいという声が僕たちの耳に届いたんだ」(ウィル・アイ・アム)

「We only got one world, one world(世界はひとつしかない)」。歌詞のように人種や宗教を越えて、世界が一つになるように願いたい。

Words by Winsome Li(GQ)

最終更新:9/5(月) 15:11

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

Yahoo!ニュースからのお知らせ