ここから本文です

パズルを解かないと読めない、たった5ページの本

WIRED.jp 9/5(月) 21:30配信

今回ばかりは、“デジタル”もアナログ作品の魅力に降参せざるをえない。「Codex Silenda」ほどページをめくるのが難しい本はない。それも、わずか5ページで構成されているにもかかわらず。

【ナゾの本、その中身を見る】写真と動画で見る

デザイナーのブレイディ・ホイットニーは、木製の特別な本を製作した。そこでは、レオナルド・ダ・ヴィンチの工房にいる弟子の冒険が語られている。彼は師匠の発見をこっそりとかすめ取ろうとして、彼の手稿に挑もうとする。

本のつくりは、まさにインタラクティヴだ。物語を読み進めるために、読者は「Mechanical Iris」(機械式虹彩)や「Geneva Gears」(ジュネーヴの歯車)といった思わせぶりな名前をもつ5つのパズルを解かなければならない。車輪を回したり、円盤を滑らせたり、秘密の暗号を解読したりする。

すべては木で緻密につくられている。レーザーカッターでカットされていて、手で組み立てられた。Codex Silendaは、Kickstarterで16万ドル以上の資金を集めており、事前注文もできた。価格は(無謀ではあるが)組み立て前のベーシック版(125ドル)にはじまりさまざまだ。残念ながら事前注文は締め切られたが、まだ「順番待ちリスト」がある。

FILIPPO PIVA

最終更新:9/5(月) 21:30

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。