ここから本文です

ガッツ石松が語っていたケンカの秘訣は「戦車隊&航空隊」

女性自身 9/5(月) 6:01配信

 作家・向谷匡史氏の近著『ヤクザ式 最後に勝つ「危機回避術」』(光文社新書)から、かつてガッツ石松氏が語っていた「喧嘩の要諦」を公開しよう。



 私たちは、「逃げる」をカッコ悪いことと思ってはいないだろうか。

 とくに一般市民は危機に遭遇することが少ないため、いざトラブになっても、「男は退いてはならない」と理想の概念でとらえてしまう。逃げることをカッコ悪いと思ってしまう。さっさと逃げればよさそうなものを、やけっぱちになって飛びかかっていく。勝てればいいが、ヘタすりゃサンドバッグ。ボロ雑巾にされてしまうことだろう。

「ヤバイと思ったら逃げよ」と説くのは、人気タレントのガッツ石松氏だ。元WBC世界ライト級チャンピオンで、武勇伝は数知れずという「ケンカのプロ」でもある。そのガッツ氏に取材したとき、ケンカの要諦について、こんな名言を口にした。

「来るならこんかい戦車隊。来たら逃げるぜ航空隊」

 どういうことかというと、「来るならこんかい!」と戦車隊を率いる気概でバーンと威嚇する。それで相手が恐れ入ってくれればよし。「上等じゃねぇか!」と居直って攻めてきたら、「逃げるぜ航空隊」で素早く離陸し、スタコラサッサと退却。

「被害者」として交番に駆け込めば、あとはお巡りさんが処理してくれる──というのがプロのケンカ術だと説明してくれた。ガッツ氏の言葉には、「逃げるのはカッコ悪い」といった軟弱なヒロイズムは微塵(みじん)もないのだ。

最終更新:9/5(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。