ここから本文です

ロナウジーニョ、バルサの”親善大使”に就任。ブランド力強化に向けた広報活動へ

フットボールチャンネル 9/5(月) 7:10配信

 36歳の元ブラジル代表FWロナウジーニョが、バルセロナの親善大使に就任することとなった。4日に英紙『メトロ』が報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 同紙によると、アメリカ・ニューヨークにバルセロナの事務所を9月6日に開設する予定となっており、アメリカでの国際的なブランド力を強化する上でロナウジーニョが親善大使としての役割を任されたようだ。

 ロナウジーニョは2003年から2008年までバルセロナに在籍した経験があり、数多くのタイトル獲得に貢献している。2004/2005シーズンでバルセロナのリーグ優勝に貢献すると、同年にFIFA最優秀選手賞も受賞。

 翌年にはリーグ連覇を果たし、チャンピオンズリーグ(CL)優勝も成し遂げた。UEFA年間最優秀選手賞やFIFPro年間最優秀選手賞など、個人タイトルも多く受賞している。その後もバルセロナで大きな活躍を見せ、クラブの象徴的な選手として輝きを放っていた。

フットボールチャンネル

最終更新:9/5(月) 7:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)