ここから本文です

浅野、UAE戦のショック払拭「今までも決められなかったシーンはたくさんある」

フットボールチャンネル 9/5(月) 7:20配信

 日本代表は4日、タイ・バンコク市内で6日のタイ代表戦に向けた練習を行った。

 浅野拓磨は初戦のショックを引きずることなく、すでに気持ちを切り替えている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 UAE戦ではゴールを見逃されてしまった。ゴールラインは割っており、得点が認められるべきだったかもしれない。しっかりミートしていれば気持ちよくネットを揺らせていたのも事実だが、あの時、浅野はあるシーンが頭に浮かんだという。

「あの一瞬、前日のトレーニングで左足のシュートをふかしてしまったシーンが頭をよぎった。だから自分はふかすのではなく、まず枠に飛ばそうとあの一瞬の判断でプレーした。それが逆に弱いシュートになってしまった」

 シュートを枠に飛ばさなければ得点は奪えない。結果はともかく、あの場面で浅野が瞬時に判断できたことは評価すべきだろう。それでも、ゴールが決まっていればこのストライカーの気持ちもさらに上昇したはずである。

「あそこで決めていれば、また自信を持って次の試合も、ミートしやすいメンタルに持っていけたのかなと思う。決められなかったのは自分の課題でしかないので、練習から意識してやっていくしかない」

 タイとはU-23代表時代に対戦している。当時の印象について浅野は「一人ひとりの技術は高く、動きの速さや俊敏性というのはすごく高いものを持っている」と話す。タイは攻撃にタレントがいるため、そうした選手たちの特徴を封じ、しっかり潰すことが重要になる。

「ホームだし、勢いに乗らせたら一人ひとりがやりたいことをやってくる。そうなると、すごくいいチームになってしまうので、その前にしっかり潰すところを潰して僕らのペースに持っていければいいかなと」

 決定機を外してしまったことが悔しくないはずはないが、浅野の表情は決して暗くない。

「僕は今までも決められなかったシーンはたくさんある。だからこそ『次は決める』という強い気持ちでやってきているので、めげることはない。周りに何を言われようと僕は自分の力を過信せず、それくらいの選手だと心に留めておきながら、次チャンスが来たら絶対決めるという気持ちで臨みたい」

 ある意味、自身を過小評価しているとも受け取れるが、下を向くことなく常にゴールを目指すのが浅野の長所でもある。UAE戦の鬱憤を晴らすというモチベーションではなく、ストライカーの仕事をするという決意を持って、タイ戦に臨みたいところだ。

(取材:植田路生【バンコク】)

フットボールチャンネル

最終更新:9/5(月) 7:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。