ここから本文です

比嘉愛未、美人母披露に「北川景子じゃなくて!?」と衝撃走る 写真集の水着姿には不満の声が募る

おたぽる 9/5(月) 19:00配信

 先月27日、女優の比嘉愛未が自身のインスタグラムに「母でございます」と、実の母とのツーショット画像をアップしたのだが、ネット上では「北川景子じゃなくて?」「お世辞じゃなく、姉妹に見える」などと、母親の美人ぶりに衝撃が走った。

比嘉愛未のナポリ旅行に「福士誠治とじゃないよね?」とファン不安 親孝行に称賛集まるも特攻服姿披露で元ヤン疑惑浮上?

 今年6月に発売した写真集『flap』(ワニブックス)の撮影を故郷・沖縄で行った際に撮ったオフショットということだが、美人母の初お目見えにファンは「やっぱり美人の母親は美人なんだな」と感嘆。「似てきた」というハッシュタグが付いていた通り、比嘉に似ているという指摘もあれば、「北川景子に似てる」という指摘も。

「比嘉といえば、2007年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『どんど晴れ』でヒロイン役を演じたことがブレークするきっかけとなったのですが、その際に母親役を演じていた森昌子と比べても、『遜色ない』『むしろ、実のお母さんの方が美人』などと、絶賛する声が殺到。また、10月から公開予定の映画『カノン』では、比嘉とミムラ、佐々木希が3姉妹を演じ、その母親役を鈴木保奈美が演じることになっているのですが、『3姉妹役はしっくりくるけど、母親だけ顔の系統が違くないか?』と、鈴木をミスキャストだと指摘する声が少なくないため、『愛未ちゃんのお母さんと交代して欲しい』と要望する声も寄せられているみたいです」(芸能関係者)

 その美人母が見守る中で撮影された写真集『flap』は、比嘉にとっては20代最後に撮った、そして30代になって初めて発売されるメモリアル写真集となり、比嘉自身、「私史上最高のボディ」とコメントするなど、かなり気合の入った様子を見せ、さらに、水着カットが大量に収録されるという予告もあったため、発売前にはファンの期待が相当に高まっていたのだが……。

「12年に発売した1st写真集『Clear』(同)では、完全にビキニだけでのカットがなかったため、ファンからのクレームが殺到。それだけに、『今回は改善されているだろう』と、ファンは期待していたようですが、『flap』でも、あまり改善は見られず。確かに、ビキニだけのカットもあったのですが、Tシャツなどで隠しているカットの方が多く、せっかくの“比嘉史上最高のボディ”も台無し状態。『前回よりも胸のサイズ、アップしているのでは?』というウワサも流れているだけに、『もっとちゃんと見せてよ!』『30歳なんだから、出し惜しみする必要ないだろ』などと、ファンの不満は募るばかりとなってしまいました」(同)

 以前から、俳優・福士誠治との交際がウワサされている比嘉だが、『flap』の発売記念イベントでは、理想の結婚時期について「具体的な予定は今のところはないですけど、35歳ですね」とコメント。5年の猶予を与え、ファンを一応安堵させた。

最終更新:9/5(月) 19:00

おたぽる