ここから本文です

森重、黒星スタートの次はアウェイ戦「自分たちの力で現状を変えていくしかない」

フットボールチャンネル 9/5(月) 7:50配信

 日本代表は4日、タイ・バンコク市内で6日のタイ代表戦に向けた練習を行った。

「明らかに選手同士でのコミュニケーションは増えてきている」と話すのは、CBを務める森重真人だ。W杯アジア最終予選黒星スタートとなったことで、選手たちは危機感を持っているという。

「UAE戦は誰も納得していないし、自分らの現状を把握しているからこそ、次のタイでの試合が重要になってくる。もちろん簡単じゃないのもわかっている」

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 FC東京所属の森重は今年2月、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)プレーオフで、タイのチョンブリFCと対戦している。9-0と圧勝したこともあり「そんなに参考になるような情報ない」と言うが、こう続ける。

「こういう状況でアウェイに来たが、難しくなるのはわかっている。そこを自分たちの力でこじ開けるしかないし、現状を変えていくしかない。人任せにせず、自分たちで変えていくしかない」

 タイの印象については「主な攻撃は左サイドから。それと相手はカウンターをしたいと思うので、そこをしっかりケアしていきたい」と、警戒すべきポイントは頭に入っている。

 初戦のUAE戦ではジャッジに泣かされたが、判定に関しては「自分たちの力ではどうすることもできない部分。それ以上に、そこに左右されないだけの力を持っておかないといけない」と言う。相手を圧倒し、着実に勝ち点3を掴みたいところだ。

(取材:植田路生【バンコク】)

フットボールチャンネル

最終更新:9/5(月) 7:51

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。