ここから本文です

W杯最終予選で黒星スタートの日本に厳しい視線 6大会連続出場へ「タイ戦勝利はほぼマスト」

Football ZONE web 9/5(月) 19:02配信

AFCが公式サイトで敵地タイ戦を展望

 日本代表は6日に、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2節の敵地タイ戦を迎える。1日の初戦でUAEにホームで1-2で敗れたハリルジャパンで、ACミランFW本田圭佑は「終わってみれば、たかが一敗」と影響なしを強調する一方で、アジアサッカー連盟(AFC)は公式サイトで、タイ戦でのプレッシャーの高まりをレポート。「6大会連続のW杯に出場したければ勝利はほぼマスト」と断言している。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 6カ国が鎬を削る最終予選B組で、日本は初戦を終えて得失点差で4位。一方のタイも敵地サウジアラビア戦で0-1と苦杯を嘗め、5位となっている。バンコクのラジャマンガラ競技場で行われる一戦に向けて、AFCはハリルジャパンの置かれた現状の厳しさを次のようにレポートしている。

「ホームでUAEに敗れた後、バンコクへのトリッキーな遠征は日本が再び解かなければならないテストのようだ。もしも、6大会連続のW杯出場への望みを維持したいのなら、サムライブルーはタイでの勝利がほぼマストであることを正確に認識しているだろう」

 タイで勝利を掴むことができなければ、残り8試合を残しながらも絶望的な状況に陥ると厳しい分析を下している。

 その一方で、タイには追い風が吹いているという。

完全アウェーの中での一戦に

 「最終的に(第1戦は)0-1で敗れたが、大きな称賛を受けたリヤドでの素晴らしいパフォーマンスでタイは勢いづいて試合に臨む。情熱的なタイの観衆は、ホスト国の12番目の選手であることを証明するだろう」と、収容人員6万5000人のスタンドを埋める観衆の大歓声が、日本を苦しめるとレポートしている。

 本田のみならず、セビージャMF清武弘嗣も「10分の1の試合で負けただけ」と、UAE戦の敗北にも楽観視するコメントをしているが、15年アジアカップ準々決勝敗退と今回の最終予選黒星スタートで、ハリルジャパンはAFCからも厳しい視線を向けられている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/5(月) 19:02

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。