ここから本文です

ヴァーディー、アーセナル移籍に断り…熟考の末に「頭と心が“残れ”と言った」

フットボールチャンネル 9/5(月) 16:12配信

 レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディーが、決定的と報じられたアーセナル移籍の決断を下さなかったことについて明かした。英紙『ザ・サン』などが伝えている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 昨季のリーグ戦でレスターは優勝を果たし、ヴァーディーも24得点でチーム得点王の活躍を見せたことで、アーセナルが獲得に興味を示していた。当初は移籍は濃厚という見方が強かったが、最終的にヴァーディーはレスターとの契約を4年間延長している。

 ヴァーディーは、この決断は熟考した上でのものであることとともに、その決断の経緯を明かしている。

「僕はホテルで毎日何時間も何もせずにいた。ひとつのことを考えるには十分な時間があったよ。遠回しに言うつもりはない。何が起き、何が起きないのか。どこにいるべきで、どこにいないべきなのか。いつも僕が考えていると、僕の頭と心がこう言ってきたんだ。『君はここに残るべきだ』とね」

 また、レスター残留の決断を下す前後にはアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督とも話しをしたという。

「(レスター残留の)決定を下す前にも後にも、彼とは何度か話しをしていたよ。彼はEUROのためにフランスで働いていたけど、問題ではなかった。シンプルなことさ。『やぁ』とか『調子はどうだい?』とか、そんなところだよ」

 今季は開幕2試合でゴールのなかったヴァーディー。その間はチームも1分1敗というスタートを切ったが、第3節のスウォンジー戦で今季初ゴールとなる先制点を決め、チームの初勝利に導いている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/5(月) 16:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。