ここから本文です

ハリル監督、国内組に不満噴出。「プレーのリズムに適応できていない」

フットボールチャンネル 9/5(月) 19:13配信

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は現地時間5日、ロシアワールドカップアジア最終予選のタイ戦に向けた前日会見を行った。

【動画】伊紙が特集 本田、得点を生む“6つの技”

 UAE戦の翌日にバンコク市内に到着し、3日からトレーニングを開始している日本代表だが、ハリルホジッチ監督は3日間のトレーニングへの不満感を表した。

「この合宿は今まででもっとも難しいものだった。3~4人以外は何かが足りない状況で合宿に参加している。試合のプレー時間、パフォーマンス、疲労の面である」

 また、「国内組に関しては求めているプレーのリズムに適応できていない状態で合流している。その状態を向上させるために少し選手を休ませたことで、国内組も少しリズムに適合してきたかなと思う」と、国内組の完成度について不満を募らせていたようだ。

 ホームで敗れたUAE戦は本田圭佑のゴールで先制するも、その後はFKとPKによって逆転負けを喫した日本。不可解な判定こそあったものの、試合を通じて内容・結果ともに課題が残る一戦だった。

 ハリルホジッチ監督は、批判をするのであれば選手ではなく自身を批判するように強調し、選手たちを守る姿勢を示した。

「UAE戦は我々を傷めつけた。我々のキャラクターを示していかなければならない。批判は受けるが、いつも言っているようにヴァイッドを批判してくれ。私は何をすべきか分かっている。伸ばすべきところも理想からはまだ遠い」

 昨年8月に中国で開催された東アジアカップの大会期間中にも、ハリルホジッチ監督は「ヴァイッドを批判してほしい。結果は全て私の責任である」と発言している。

(取材:植田路生【バンコク】)

フットボールチャンネル

最終更新:9/5(月) 19:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。