ここから本文です

米Nvidia、自動運転車開発で中国バイドゥと提携 AI学習を強化

Forbes JAPAN 9/5(月) 15:00配信

自動運転車分野への進出を狙うグラフィックチップメーカー米Nvidiaが、中国のバイドゥと提携し、AIを利用した自動運転車向けのマッピングシステムを開発する。



Nvidia のジェンスン・ファンCEOは北京で行われたバイドゥ世界大会(Baidu World Conference)で、同社が開発した自動運転を制御するハードウェアDrive PXとバイドゥのマッピング技術やクラウドプラットフォームを組み合わせると話した。このプロジェクトでは「クラウドと自動運転車を結ぶアーキテクチャーを構築するために、AIにおける技術力や専門性と、2つの世界クラスのAI企業のスケール」を組み合わせるとファンは語った。

Nvidiaは先週、Drive PXのアップデートを発表した。Drive PXは道路や交通状況を把握し、自動車の頭脳となるコンパクトなスーパーコンピューターだ。運転免許証ほどの大きさのDrive PX 2は、ディープラーニングを通じて道路状況や車種、歩行者やランドマーク等の情報を学習。周辺の障害物や交通状況に対処する。Nvidia によるとDrive PX 2はディープラーニングによる学習を1秒に24兆件処理できるという。

Nvidiaの技術は80社の世界の自動車メーカーらが導入を検討している。中国の自動車メーカーである吉利汽車(Geely Automobile)傘下のボルボは、自動運転車XC90 SUVのプロトタイプにDrive PXシステムを導入している。

自動運転車が走行するためには、自動車にコンピューティング・ハードウェアとAIアルゴリズムを搭載し、常時更新されるクラウド上の3Dマップを活用することなどが必要になる。バイドゥは先週、カリフォルニア州において自動運転車の試験走行を行なう許可を獲得した。同州ではすでにグーグルやフォード、トヨタを含む10社以上の自動車メーカーやテック企業が自動運転車の試験走行を開始している。

バイドゥの試験も「かなり近いうちに」始めると、同社の上席副社長で自動運転車部門のゼネラルマネージャーでもあるワン・ジンは声明で述べた。「バイドゥはすでにシリコンバレーに自動運転技術を開発するための強力なチームを設置しており、試験走行の開始により開発が大きく進みます」

バイドゥは8月、自動車の周囲の360度3Dマップを作るためのライダー(Lidar)センサーのメーカーであるベロダインに対し、フォードと合計で1億5,000万ドル(約156億円)を出資している。

Alan Ohnsman

最終更新:9/5(月) 15:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。