ここから本文です

プレミアEASTでも首位奪取!! クラブユース王者・FC東京U-18はなぜ強い?

SOCCER DIGEST Web 9/5(月) 7:43配信

新設のU-23チームが刺激となって。

 ついに夏のクラブ王者が首位に立った。
 
 9月4日、高円宮杯プレミアリーグEASTの第11節が開催され、1か月前に日本クラブユース選手権を制したFC東京U-18は小平グランドで流経大柏と対戦し、3-1の快勝を収めた。首位・市立船橋が横浜ユースに敗れ、2位・青森山田が大宮ユースと引き分けたため、前節の3位から一気にトップへ浮上したのだ。
 
 試合はキックオフ直後から中盤で激しい肉弾戦が展開され、互いに裏を狙うロングボールが横行するなか、FC東京U-18は33分にMF伊藤純也がゴール前の混戦でこぼれたボールを押し込み、先制点を挙げる。63分にMF内田宅哉が追加点を奪い、その1分後に1点を返されるも粘り強くリードを守り、87分にはMF生地慶充がみずから得たPKをねじ込んで駄目を押した。
 
「夏を超えて逞しくなってきたのかなと思います」と語るのは、佐藤一樹監督だ。リードを2点に広げながら、その直後に被弾した場面。以前なら委縮していた時間帯、ピッチのそこかしこでポジティブな声が上がり、かさにかかる流経大柏の猛攻を凌ぎ切った。指揮官は「2-0にしたあと、誰もが失点しちゃいけないって分かっていたのに、そのなかで失点した。だからそうとう堪えたんじゃないですかね。前はあそこでシュンとしてましたから」と振り返る。
 
 チームの成長を引き出した要因(あるいは刺激)のひとつが、今年から新たに創設されたU-23チームだ。クラブとしては冒険的なチャレンジと言えるJ3参戦が決まり、U-18からも何人かの主力が継続的に引き上げられた。先ごろ、来春のトップ昇格が決まった3人衆、GK波多野豪、CB岡崎慎、ボランチの鈴木喜丈を筆頭格に、プロの舞台を身近に感じながら個々のプレーを研ぎ澄ませていったのだ。一方で、並行して開催される週末のプレミアリーグEASTではなかなかベストメンバーが組めず、パフォーマンスのムラが目立った。
 
 この苦境をチーム力アップにつなげたのが、佐藤監督の思い切った人材登用だ。スキルフルなセントラルMF平川怜(1年)、機動性能抜群の右SB岡庭愁人(2年)、ボール奪取力に長けるMF小林真鷹(2年)、中学3年生のスーパーサブ・久保建英といったU-16・U⁻17日本代表組の成長を大いに促し、各ポジションにおける競争力の向上によって、選手層に一段と厚みが加わった。
 

中村俊輔に聞いた大成するための秘訣――ボール拾い時代の高校1年時に取り組んだこととは?

1/2ページ

最終更新:9/5(月) 18:10

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。