ここから本文です

鍵はいかにサイドで剥がせるか。タイ攻略に自信ありの宇佐美が世論の逆風はね退ける!

SOCCER DIGEST Web 9/5(月) 11:07配信

「サイドからの仕掛け、パスワークは自分が一番あると思っている」

 日中には強い日差しを感じたバンコク市内だったが、17時前に突然雨が降り出した。15分程度で止んだものの、曇り空となり、湿度が若干上がったように感じられる。タイとの最終予選2戦目を2日後に控えた9月4日、日本代表は冒頭のみを公開した非公開練習を行なった。その間にも再度雨が降りだし、それが原因だったのかは不明だが、練習は1時間程度で終了した。
 
 初戦、途中出場で攻撃にアクセントをもたらした宇佐美貴史は、今季移籍したブンデスリーガのアウクスブルクで定位置奪取に苦しんでいる状態だ。指揮官からも「長い時間プレーしていなかった」という評価から、UAE戦ではベンチスタートとなった。いったい宇佐美は、この戦いをどんな風に見ていたのだろうか?
 
「選手の距離が近すぎて、(トップ下に入っていた)真司君のスペースがなくなっていたという感じがあった。真司君の距離をとるというか、幅をとったポジショニングが僕にはできる。幅を消してしまうと真司君の良さも出ないと思う。
 
 サイドで持って、仕掛けるプレーやそのあとの細かいパスワークで崩していくところは、自分が一番ある、と思うし、負けている部分はないと思って、しっかりそういうイメージを持ちながら、(タイ戦へ向けて)準備しています」
 
 自陣を固めた相手に対しては、宇佐美自身も自分の強みが有効だと考えている。
「サイドで幅を持ちながらプレーしたい。どっちかっていうと、真ん中に絞りながら、チャンスが来たら、外へ張るのではなくて、外に張るのがメイン。そうしながら、サポートをする時には、中へ入っていくような感覚でも良いのかなあと思いながら、準備はしている。張りっぱなしは良くないので、サイドと中とのうまい使い分けをしたい。
 
 サイドでどれだけはがせるかっていうところは、(タイ戦の)キーになってくる。誰が出るか分からないですけど、出た時にしっかりそういうイメージを持ってやりたい。そうやってサイドに分散すれば、真ん中でできる選手はいっぱいいるわけだから。UAE戦のような同じミスをしないように」
 

【日本代表PHOTO】アジア最終予選に向けた招集メンバー24人

1/2ページ

最終更新:9/5(月) 12:29

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。