ここから本文です

【W杯欧州予選】ドイツ白星発進! ミュラー満足、キミッヒ感激、ゲッツェは…

SOCCER DIGEST Web 9/5(月) 16:21配信

EURO2016の時とは打って変わり、予選初戦で好内容の勝利。

 9月4日(現地時間)、ロシア・ワールドカップの欧州予選がスタートし、ディフェンディングチャンピオンのドイツは、アウェーでノルウェーを3-0で下して、白星スタートを切った。
 
 オスロでの一戦、主導権を握ったドイツは、15分にトーマス・ミュラーが先制ゴールを挙げ、前半終了間際にはヨシュア・キミッヒが追加点。後半にもミュラーが2点目を挙げるなど、バイエルンの2選手によるゴールショーで危なげなく勝点3を獲得した。
 
 優勝したブラジル・ワールドカップ後に臨んだEURO2016の予選では、ホームでの初戦でスコットランドに苦しみ(2-1で辛勝)、予選を通して強さを見せられなかったドイツだが、今回は敵地で快勝を収め、予選突破、そして世界2連覇に向けて好スタートを切った。
 
 試合後の、監督、各選手のコメントは以下の通り。
 
――◇――◇――
 
ヨアヒム・レーブ監督
 我々は非常に良いプレーを見せた。ノルウェーは非常に強いチームだが、我々はうまく対処できた。(2ゴールのミュラーについて)EURO2016でも、同じようなプレーができれば良かったのだが……。それはさておき、今日の彼の働きぶりは非常に重要なものだった。
 
トーマス・ミュラー(2列目の右)
 狙い通りの素晴らしいプレーをして、難しいアウェーでの初戦を白星で飾ることができた。我々のポテンシャルなら、もっとできただろうが、今後の予選に向けて調子はさらに上向きになっていくはずだ。
 
ヨシュア・キミッヒ(右SB)
 代表での最初のゴール。僕にとっては特別なものだ。そんなにゴールを決められる方じゃないからね。今日はチャンスがあったので、サイド攻撃を多く仕掛けることができた。
 
マリオ・ゲッツェ(ワントップ)
 勝点3を狙って試合開始直後から積極的に仕掛け、望み通りの結果を得ることができた。予選の初戦が簡単でないことは皆が承知していたけど、チームは良いプレーを見せられたと思う。自分自身は、ノルウェーが引いて守っていたため、なかなかボールに良いかたちで触れられなかった。

最終更新:9/5(月) 16:28

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。