ここから本文です

ホンダ・グレイスにスポーティムードを高めた特別仕様車を設定

clicccar 9/5(月) 8:03配信

5ナンバーサイズのコンパクトセダンであるホンダ・グレイスに特別仕様車の「STYLE EDITION(スタイルエディション)」が登場しました。なお、この特別仕様車は全車ハイブリッドモデルとなっています。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



コンパクトセダンは国内市場の縮小が指摘されていますが、グレイスはセダンならではの使い勝手の良さや静粛性の高さ、そして取り回ししやすいサイズ、ハイブリッドを軸に廉価なガソリン仕様も設定するなど、日本でこそ使い倒せる要素が盛り込まれています。

2016年9月2日に発売された「STYLE EDITION」は、フロントグリルやアウタードアハンドルなどにダーククロームメッキを採用し、ボディカラーに専用色の「ミッドナイトブルービーム・メタリック」、「ルーセブ ラック・メタリック」を新設定。



ブラックカラーとなるインテリアは、ブルーステッチを施した専用のコンビシートと本革巻ステアリングホイールを設定するなどしてスポーティムードが高められています。そのほか、ETC車載器も用意。



価格は「HYBRID LX 特別仕様車 STYLE EDITION」のFFが209万8400円、4WDが231万4400円、「HYBRID EX 特別仕様車STYLE EDITION」のFFが226万2400円、4WDが242万4400円です。



(塚田勝弘)

最終更新:9/5(月) 8:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。