ここから本文です

【WEC第5戦メキシコ】トヨタ6号車が3位に入賞! ドライバーズ選手権も2位に浮上!!

clicccar 9/5(月) 20:33配信

9月3日(土)、FIA世界耐久選手権(WEC) 第5戦・メキシコ6時間レースが開催されました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



25年振りの開催となったエルマノス・ロドリゲス・サーキットは、メキシコシティの中心地から車で20分程度の距離にあり、メキシコシティ国際空港近くの市立公園内にあります。

この一帯にはスポーツ施設が集まっており、サーキットの最終コーナー内側にはフォロ・ソルという野球場があったのですが、2015年の改修で野球場のスタンドを観客席として再利用するなど、なんとも個性的なサーキットです。



ポールポジションを獲得したアウディ8号車と3番手スタートのアウディ7号車が、スタートでワン・ツー体制に。ポルシェの2台がすぐ後ろに続き接近戦を展開しますが、39周目にトップのアウディ8号車がLMP2クラスの接触を避けるためコースオフ。その隙を突いて、2番手を走行していたポルシェ1号車がトップの座を奪います。

1周が4.304kmでWECの行われるサーキットでは1周が最も短く、LMP1-H車両にとればトラフィックが大きな問題になり、通常とは異なるハプニングも発生しました。



レースが半分を過ぎた頃、雨が降り始め、お客さんも大慌て! 急いでレインコートを身に着けている様子が映っていましたね。

各クラスのマシンがピットに向かいレインタイヤに交換するなか、アウディ8号車はインターミディエイトタイヤを選択しましたが、その直後に激しいクラッシュ……。マシントラブルに起因するクラッシュで、修復に30分以上を要したため表彰台争いからは完全に脱落。最終的に27位でレースを終えました。



2番手を走行していたポルシェ2号車がLMP2クラスのマシンに追突され、破損したリアカウルを修復するため緊急ピットイン。

これによりトヨタ6号車が接近し、ステファン・サラザン選手(トヨタ6号車)がオーバーテイクを決め3位になります。その後も6号車のペースは良好で、レース残り20分のところで、2位を走行していた7号車のアウディに接近するもそのまま3位でフィニッシュとなりました。



好調に見えるトヨタ6号車ですが、実は厳しい週末のスタートだったのです。

木曜日の午前中に行われたテスト走行中に事故に遭ったせいでその後に行われた2度の練習走行に出走できず、レースに向けてのロングランテストを行うことができませんでした。

この苦境を乗り越え、見事に3位表彰台を獲得するなんてかっこよすぎる!

この結果、トヨタ6号車の3人のドライバー、ステファン・サラザン選手、マイク・コンウェイ選手、小林可夢偉選手は2016年シーズンのドライバーズ選手権で2位に浮上しました!!



一方、トヨタ5号車はアンソニー・デビットソン選手が8月中旬にフランスのマニクールで行われたプライベートテストでクラッシュ。助骨負傷でレース欠場となり、セバスチャン・ブエミ選手と中嶋一貴選手のふたりでレースに挑むことになりました。

中嶋選手がドライブ中、パワートレーンの電気系に問題が生じ、修理のためにマシンはピット・ガレージへ持ち込まれてしまいます。懸命の修復が試みられましたが、時間内の完了は困難と判断され、悔しいリタイアとなってしまいました(涙)。



コースレイアウトや天候など、全ての要素が合わさって波乱のレースとなりましたが、見事1位を獲得したのは5番手スタートのポルシェ1号車でした。

前戦に引き続き、2戦連続優勝となったポルシェ1号車ですが荒れたレースの中でしっかりと1位を獲得するところは、さすが昨年のドライバーズチャンピオン! チームワークばっちりです。



次戦のWEC(9月17日)はアメリカ・テキサスのオースティンに移動し、COTA(Circuit Of The Americas)で開催されます。またしてもポルシェが優勝するのか、それとも他のチームが優勝するのか、そろそろトヨタの優勝も見たいところです!

■LMP1-Hクラス
順位/No./チーム/車名/タイム差
1/#1/ポルシェチーム/Porsche 919 Hybrid
2/#7/アウディ スポーツ チームヨースト/Audi R18/1’01.442
3/#6/Toyota Gazoo Racing/Toyota TS050-Hybrid/1’09.709
4/#2/ポルシェチーム/Porsche 919 Hybrid/1’30.004

■LMP2クラス
順位/No./チーム/車名
1/#43/スポーツ by モーランド/Ligier JS P2
2/#36/シグナテック アルピーヌ/Alpine A460
3/#31/エクストリーム スピード モータースポーツ/Ligier JS P2

■LM-GTE Proクラス
順位/No./チーム/車名
1/#97/アストンマーチン・レーシング/Aston Martin Vantage V8
2/#51/AFコルセ/Ferrari488 GTE
3/#95/アストンマーチン・レーシング/Aston Martin Vantage V8

■LM-GTE Amクラス
順位/No./チーム/車名
1/#88/アブダビ-プロトン・レーシング/Porsche911RSR
2/#83/AFコルセ/Ferrari458 Italia
3/#78/KCMG/Porsche911RSR

(yuri)

最終更新:9/5(月) 20:33

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ