ここから本文です

田中健と平泉成をつなぐ熱い絆とは いい男たちの友情物語に胸が震える!

CREA WEB 9/5(月) 12:01配信

Vol.011 You've Got A Friend|キャロル・キング
田中健といえばあの南米の民族楽器!

 こんにちは。子ぎつねヘレンことCREA WEB編集長のヤングです。

 現在発売中のCREA9月号の特集は「いい男がいっぱいだと幸せ」。

 そのうちの「いい男×仲良し」「仲良し相関図」なる企画を評価しながらもいささかの異議を申し立てた前回に引き続き、俺がごく個人的に愛してやまないいい男たちの仲良しエピソードを紹介してみるよ! 

 田中健といえば、ケーナである。

 旅先のペルーはマチュピチュで出会って以来、この竹笛の虜になった彼は、「ケニー・テイラーJr.」なる名義でケーナを演奏したアルバムも数枚発表している。

 1994年に最初の妻であった古手川祐子との不仲が発覚した際、別居先のマンションを借りた表向きの理由が「ケーナの練習のため」だったことも印象的だ。1996年、高橋かおりとの不倫騒動を起こした三田村邦彦が妻の中山麻理から家を追い出され、庭に駐車したキャンピングカーで寝泊まりしていた一件と双璧をなす、俺の好きな別居エピソードである。

 個人的な意見だが、田中健は、ナナ、ミーナ、リナ、レイナに混じり、ケーナを名乗ってMAXに加入したら面白いのにといつも思っている。

 あるいは、妻のシーナを失った鮎川誠らとともにケーナ&ロケッツを結成し、ご機嫌なギターをバックに、ケーナで「ユー・メイ・ドリーム」や「レモンティー」のメロディーを奏でてもらうのもいい。

『シン・ゴジラ』の首相は笛作りの達人だった

 ちなみに、筆者が文藝春秋に入社した当時の社長は田中健五という名前なのだが、俺はこの社長のことを「田中健ファイブ」と呼んでいた。本人を目の前にしてもそう口にしていたのだから、今思えばずいぶん失礼な新人である。とにかく、ベン・フォールズ・ファイブとか、デイブ・クラーク・ファイブみたいでカッコいいと思ったのだ。

 実際に田中健ファイブというグループがあったなら楽しそうだ。ケーナを前面に押し出したインストゥルメンタルバンドだろうか。

 ……いや、待てよ。いっそのこと、ついさっき妄想したように、田中健が5人目の新メンバーとして加わったMAXが、田中健ファイブと改名すればいいじゃないか。安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S改めMAX改め田中健ファイブ。なかなか味わい深いグループ名の変遷である。「TORA TORA TORA」に合わせてケーナを吹く田中健の姿を想像するだけで、胸の奥が熱くなる。

 あまりにも田中健のことが好きすぎて枕が長くなった。いつまで経ってもイケメン同士の仲良しエピソードが出てこないとしびれを切らしたあなた、ここからが本番ですよ! 

 田中健のケーナを作っているのが、実は平泉成である。これまで1000本以上を手がけてきたというから驚く。

 ちなみに、1999年に公開された三池崇史監督の映画『DEAD OR ALIVE 犯罪者』において平泉成は警察署長を演じているが、物語とはまったく脈絡もなく署の屋上でケーナを作っているシーンがある。

 哀川翔と竹内力というVシネマ界の2大スターが激突したこの作品のラストは、どうにもこうにも本当に腰を抜かすので、えー、例えば職場のソフトボール大会が雨天で中止になるなどしてぽっかり時間ができた折にでも観ていただきたい。

 田中健のブログを読むと、久しぶりに平泉成を自宅に招き、ケーナを作ってもらった2015年5月7日の日記にこんな記述がある。「こんな大変な作業を趣味の一環として 20年以上も携わってくださった平泉さんに 僕は大変失礼なことをしたという経緯があり 今回許していただいて新しく作ってくださることになったことは 感に堪えません」。一体どんな非礼を働いたのだろう。妄想がかき立てられる。

 そして、田中健の趣味人ぶりがうかがえるエピソードをもうひとつ。

 弊社こと文藝春秋のはす向かいに人気の某ラーメン屋がある。10年近く前になるのか、この店は開業したその日からすでに行列ができていた。職場の近くだからいつでも来れるし、すいている時を見計らって行ってみようと思っていた俺に、その機会はほどなく訪れた。

 オープンから3、4日目だった。休日出勤で会社に来てみたら、外は大吹雪。こんな日に並んでまでラーメンを食べに来る人も少なかろうと、その店を訪れたら、案の定ガラガラだった。読みは正しかったと内心ほくそ笑みながらカウンターに座り、隣を見ると……そこには、ひとり静かにラーメンを味わう田中健の姿があった。

 開店からまだ数日というタイミング。たまたま通りかかることも少ないだろう立地。そして、猛吹雪という悪天候。こんな時に、この店にやって来る田中健は、相当のラーメンマニアだ! 

 ちなみに筆者は、この店の前にベッキーが並んでいたのを2度ほど見かけたことがある。キャスケットのような帽子を目深にかぶり、目立たぬようにしていたが、あれは紛れもなくベッキーだった。いかにもタレントの移動に使われていそうなアルファードだかヴェルファイアだかのミニバンの後部座席から降りてきたこともその傍証となろう。俺がたまたま見ただけでも2回も来ているのだもの、ここのラーメンがよほど好きなんだなと思ったものだ。

 が、例の一件があったわけだから、彼女がわざわざ自分からセンテンススプリングの目の前にあるラーメン屋にやって来ることは金輪際ないだろうな。ベッキー……。

1/2ページ

最終更新:11/30(水) 22:06

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。