ここから本文です

反天連デモ 参加許可が必要な「お仲間」だけの示威パレード

NEWS ポストセブン 9/6(火) 7:00配信

 8月15日、靖国神社。日本はおろか、世界が注視するのは首相や閣僚が参拝するか否かである。一方、左右イデオロギーの激突の場であることを報じるメディアは少ない。日本で一番“特別な日”の水面下で展開される、不可思議な現象に評論家の古谷経衡氏が迫った。

 * * *
 熱狂には二種類ある。馬鹿馬鹿しい熱狂と、そうではない熱狂の二者だ。8月15日。先の大戦で不幸にも戦没した英霊を顕彰するという、荘厳な祈りの空間に最も似つかわしくない熱狂が、まさに九段・靖国の周辺で繰り返されていた。

 反天連(反天皇制運動連絡会)。1984年に結成された、天皇制打倒と靖国神社解体を標榜する新左翼グループである。2009年頃より毎年、靖国神社近傍の九段・水道橋付近で「靖国いらない!」のシュプレヒコールを上げる。

 これに対し、在特会(在日特権を許さない市民の会)や各種右派団体がカウンターとばかり「殺せ! 殺せ! 反天連!」を掛け声に同所に集結する。

 毎年8月15日の「恒例行事」と化した反天連VS右翼の騒擾は、両者のデモとカウンターの参加者をはるかに超える人数の、機動隊員や公安職員らが動員される「真夏の風物詩」だ。

 8月15日午後2時半に靖国神社に到着。本殿参拝のため参道を歩いていると、思想や主義を異にする各種団体のブースが目に付いた。日本会議から台湾研究フォーラム、なかには軍服姿で人目を惹く男たちの姿もあった。

 午後3時半。反天連デモ出発前に決起集会が開かれる在日本韓国YMCA会館(水道橋)に向かった。

 3階の会議室は、異様な熱気に包まれていた。参加者は100名にも満たない60~70名ほど。ビルの周りをぐるりと機動隊と公安職員が取り囲んでいる。天皇の戦争犯罪を問う、という型通りの趣旨説明が終わると、三々五々参加者たちはYMCA会館前に躍り出て整列する。

 狐の面をつけた異形の参加者が、ドライアイスの冷気の上に模造骸骨を載せている。「これは何を意味するんですか」との筆者の質問に一言「死んだ人」。みると「一銭五厘」と熨斗紙が貼ってある。

1/2ページ

最終更新:9/6(火) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。