ここから本文です

卓球、水谷隼「今日はパンツはいています」 SWイベントで“リオ五輪”エピソードを披露

エンタメOVO 9/6(火) 19:17配信

 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開を記念したJ-WAVE presents“ローグ・ワン”DAYイベントが6日、東京都内で行われ、ゲストとしてリオデジャネイロ五輪、卓球男子代表の水谷隼選手、競泳男子代表の瀬戸大也選手、坂井聖人選手が登壇した。

 本作は、シリーズの原点となる『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続くアナザー・ストーリー。仲間と共に闘う姿を描いた本作になぞらえ、この日はリオ五輪で目覚ましい活躍を見せた3選手が、配給会社公認の〈ローグ・ワン JAPAN〉として登場した。

 かねて「試合中も私生活でもパンツをはいていない」ことを公言している水谷選手。この日は「今日はパンツはいています。安心してください!」とちゃめっ気たっぷりにあいさつ。また、昔から「スター・ウォーズ」シリーズのファンだったと言い、「15年ほど前にジュースを買うとスター・ウォーズのボトルキャップが付いてくるというのがありましたが、あれは全種類コンプリートしました」とエピソードを披露し、会場を盛り上げた。

 リオ五輪で団体銀メダルを獲得した水谷選手は「団体戦になると自分の持っている力以上のものを引き出せる」と振り返り、「それはやっぱり仲間の声援があるのと、チームのために“自分が活躍しないと”という思いがあるから」とパワーの源も告白。

 また、自身の“究極の武器”を尋ねられた際には「逆に僕が聞きたいぐらい」と苦笑いを浮かべながらも「人より上回っていると思うのはメンタルですかね。今まで本当にたくさんの修羅場をくぐり抜けてきたと思うので」と胸を張った。

 ほかにも「選手村から5分の所にジャパン・ハウスがあって、選手はそこで日本食を食べられるんです。その同じマンションに僕の家族が2週間ぐらい滞在したのですが、(経費が)170万だって嘆いていました」と“アナザー・ストーリー”を紹介した水谷選手。

 会場がどよめく中、「(メダル獲得で)協会とJOCから幾らかもらえるので“大幅な黒字”で終わりましたが」と続けて、大きな拍手を浴びた。

 映画は12月16日から全国ロードショー。

最終更新:9/6(火) 19:36

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ